GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
工務店×設計事務所=協働でつくるセミオーダーハウス [ソラノイエ]
事業主体名
株式会社アーキテクト建築+村瀬充アトリエ一級建築士事務所
分類
住宅
受賞企業
株式会社アーキテクト建築 (岐阜県)
受賞番号
11G05047
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

設計事務所×地域密着型工務店の良い所を分け合い、1.郊外の敷地に建つ平屋タイプ 2.街中に建つスキップフロアータイプ 3.新興地に建つテラスタイプ の3種類を、各タイプごとに3パターンの計9つのプロトプランをベースに、「ソラノイエ」を商品名としたセミオーダー住宅を提案しています。トータルコストを2000万円前半までに抑えることで、幅広い年齢層にも、提供できる住宅(住まい)を目指しています。応募物件は、3.のタイプであり、インナーガレージ、中庭付きのプランです。

プロデューサー

(株)アーキテクト建築+(株)村瀬充アトリエ

ディレクター

(株)村瀬充アトリエ 代表取締役 村瀬充

デザイナー

(株)村瀬充アトリエ 代表取締役 村瀬充

村瀬充

詳細情報

http://www.soranoie.net

発売
2010年4月1日
価格

17,500,000円 (設計料、住宅設備・器具を含む)

販売地域

日本国内向け

設置場所

東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

格子をモチーフとして、住宅街に向けて良い環境を寄与すること。中庭からの外部との視線の抜け等による、周りの住民との積極的なコミュニティの構築。想いのある住まい方をすることで、真の豊かさ、家族のあり方を考えることができる 住宅を提供すること。建設に携わる協力業者さんが、プライド・熱い思いを持って仕事に打ち込むことができること。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

天井高さの変化や、外部への視線の抜け、自然光・風に考慮し、面積等の数字以上の 開放感や、広がりのある空間を創ることで、非日常的なことが日常的になる、真の住まい方を提供している。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

住宅の中での家族のコミュニティー、中庭を返しての外部とのコミュニティー を積極的に取り込む、取り入れる仕組みつくり

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

フレームは、集成材を利用し、ピン工法を採用することで、精度性・効率化・簡素化を図り、工期短縮による、各協力業種の生産効率の向上。広い空間を支える新しい構造体の考え方、技術力の向上。セミオーダー住宅への協力業者の取り組み方、姿勢の向上。しいては、職人という プライドの向上。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

長く住み続ける(親と子が入れ替わり住まう)ことで、スクラップアンドビルト化を排除し、住宅の価値を高める。断熱効率の良い仕様(断熱材、サッシュ等)を標準採用することで、消費エネルギーの 最小化に努める。格子の風合い、中庭の植栽などのしつらえによる、外部環境を考慮、リードしていく考え方。加工された部材を多く使うことで、現場での産廃物を減らす取り組み。

ユーザー・社会に伝えたいこと

土地は、平等ではないが、「ソラ」は誰にでも平等である。「ソラ」を通して、「ソラノイエ」という器の中で、時を重ねながら、真の豊かさ、価値観を家族で学び、考えて頂ける器であってほしい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ショールーム(岐阜県大垣市西之川1丁目302番1
http://www.soranoie.net

審査委員の評価

地域の工務店と設計事務所が恊働して提案する住宅という企画には、大きな可能性を感じるし、実際このような作り方を求めている人は、数多くいるのではないか。デザインも、土地の特性に応じていくつかタイプを用意しているなど、よく練られていて、さらなる展開が楽しみである。

担当審査委員| 難波 和彦   千葉 学   手塚 由比  

ページトップへ