GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ガスクックトップビルトイン [Rinnai RBR-301G, 401G]
事業主体名
リンナイコリア株式会社
分類
住宅設備機器
受賞企業
リンナイコリア株式会社 (Korea)
受賞番号
11G04059
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

クックトップデザインは、単純なミニマルスタイルでシンプルになった反面、レンジ本来の機能を強調して機能的な表現を追求している。最高の火口配置で安定な距離を確保して、使用性を配慮したデザインを採用し、熱遮断バーナー構造で天板のガラスの温度を下げてより安定的な料理をできるようにした。高級感のある操作ノブとリアルアルミトップフレームを適用して洗練美を加えた。

プロデューサー

リンナイコリア株式会社 営業本部長 金炯南

ディレクター

リンナイコリア株式会社 営業本部 商品企画部 グループ長 鄭慶南

デザイナー

リンナイコリア株式会社 営業本部 デザイン戦略チーム 主任 姜孝眞

詳細情報

http://www.rinnai.co.kr

発売
2010年9月20日
価格

17,208 ~ 24,763円

販売地域

国外市場向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

?韓国最高の熱効率のシールドバーナーを採用し、二酸化炭素の発生量を大幅に削減 ?製造、生産工程の簡素化による資源の節約

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

人体工学的な操作部のデザインで使用性を向上させ、操作部の安定的な配置は、操作時の不便さを最小化する。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

天板の強化ガラスの適用は、掃除などの使いやすさを向上させ、ユーザーの動作と器の配置を考慮した人体工学的なバーナーの構造は、鍋の3つを同時に置いても使用できる便利さを提供する。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

?組立部品の組立性を向上させ、生産コストを削減 ?共用化設計、組立工程の簡素化などによる販売価格の引き下げ

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

?リサイクルができる一般鋼の適用 ?製品内部の部品の共用化による生産性向上と開発コストの削減

ユーザー・社会に伝えたいこと

既存の製品で見られる複雑な形状を排除して、EDGEとLINEを強調して節制された高級感を造形的に表現しており、強化ガラスとアルミフレームを適用し、材料固有の機能性と表面の質感を最大限に活用して感性的でナチュラルなイメージを追求した。

審査委員の評価

堂々とした高級感のあるデザイン。五徳のデザインは複雑になりがちであるが、うまくまとめている。ガラスプレートとの設置部にはゴム系樹脂をはめて擦りあう音が出ないように細かい配慮をしている。ハンドルや外枠に施したリアルアルミ部品は美しい仕上がりである。

担当審査委員| 山本 秀夫   岩崎 一郎   川上 元美   橋田 規子  

ページトップへ