GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ファブリック・ブラインド [ファブリック・ブラインド]
事業主体名
キューセント株式会社
分類
家具・インテリア用品
受賞企業
キューセント株式会社 (東京都)
受賞番号
11G04039
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

温かみのあるファブリック系のブラインドで優しい色合いや風合いを楽しむことができる今までにない新しいブラインドです。アルミブラインドとプリーツスクリーンの利点を組み合わせたようなプロダクトで羽の開閉をすることで柔軟にコントロール可ができます。また、場所を選ばず空間にとけこみます。

プロデューサー

ルーセント・ホーム・プロジェクトチーム

ディレクター

ルーセント・ホーム・プロジェクトチーム

デザイナー

ルーセント・ホーム・プロジェクトチーム

詳細情報

http://www.lucenthome.jp

発売
2011年8月10日
価格

28,000 ~ 154,400円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

リサイクルが可能な素材を使用し、地球環境を考え省エネ製品であること、意匠的観点から暮らしを彩り快適な住環境を作れること。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

この製品は素材が織りなす柔らかな雰囲気を持ち、自然光を取り入れることで清々しい気持ちで生活することができます。ただ光を遮るのではなく、調光機能をうまく使い室内を程よい光で満たしながらも、遮光性に期待することができます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来のアルミブラインドやウッドブラインド等は調光可能ですが、当製品は素材が布製なので軽く、安全性が高く、また、当製品はアルミブラインドの良い点を持ち合わせ、同時に素材の持つリスクを軽減し、ウッドブラインドと比べ軽量化されているのため様々な場所へ取付可能です。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

この製品のコンセプトはインテリアとしての価値と優良な住環境をつくるという点を重視した製品です。このコンセプトの製品がもっと業界的に普及することで需要も増え、産業的にも進歩します。また当製品は今までにない初の操作システムを独自開発しており、業界的にも新たな改革として推進できると考えます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ひとつひとつの家庭のより良い住環境づくりに貢献することができると考えます。遮光性にも期待できるので電力エネルギーの抑制にもつながります。当製品がもっと各家庭に普及すれば自ずと社会にも普及し、より良い生活を送ることができるという認識を持っていただけると思います。

ユーザー・社会に伝えたいこと

インテリアコーディネートの中では残念ながら部屋を彩る重要なウィンドウトリートメントの予算は削減されてしまいがちです。しかし、これに力を入れることでその空間、家具の見栄えまでも一瞬で変えてしまうほど力があるものだと考えます。今までにはなかった操作システム、機能でブラインドに触る楽しさや、暮らしの快適さを実感して頂けると思います。老若男女問わずたくさんの方にご愛用きたいと考えています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ルーセントホームお取扱い店
http://www.lucenthome.jp/shop-kanto.php

審査委員の評価

従来のメタル系ブラインドとプリーツスクリーンのファンクションを組み合わせたユニークなブラインド。ファブリック素材の優しさや軽さが、暮らしの快適さを誘うデザインである。

担当審査委員| 山本 秀夫   岩崎 一郎   川上 元美   橋田 規子  

ページトップへ