GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スツール [ボルトスツール]
事業主体名
株式会社宮崎椅子製作所
分類
家具・インテリア用品
受賞企業
株式会社宮崎椅子製作所 (徳島県)
受賞番号
11G04001
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

徳島県の宮崎椅子製作所と10年持続しているワークショップスタ  イルの商品開発による今年の成果。板材の面構成を身体に関わる「性能形態」でありながら、強度を保つ  「構造形態」となるよう模索したスツール。

デザイナー

小泉誠

小泉誠

詳細情報

http://www.miyazakiisu.co.jp/

発売
2010年11月1日
価格

27,300 ~ 37,800円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

人が「座る」ための座面の形状。「運ぶ」ための座面の隙間。そして、 その形状を面の角度をずらす構造形態でつくった。」

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活に必要な道具を、性能的で構造的な形態を美しく作ることを心掛 け、生活環境で物理的にも精神的にも持続して使われることを望んでいます。」

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

開発過程で製作スタッフとのワークショップを行い、製作スタッフの工夫の成果が形に現れている。」

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

ユーザー・社会に伝えたいこと

「製品」という形を作るにあたり、使用者、販売者に媚びることなく、  デザイナーと製造者がとことん考えを積み重ねてつくり上げた、「嘘の  ない誠実な形」です。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

取り扱い頂いている小売店
http://www.miyazakiisu.co.jp/shop/map.html

審査委員の評価

板材の面構成を基本に考察して、スツールとしての機能を得るべく、木工技術上の工夫と制作の精度を追求している。ジオメトリックな形体の小気味よい仕事と、誇張しない技術の適用に好感がもてる。

担当審査委員| 山本 秀夫   岩崎 一郎   川上 元美   橋田 規子  

ページトップへ