GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
電子レンジ [日立過熱水蒸気オーブンレンジ 「焼き蒸し調理 ヘルシーシェフ」MRO-JV300]
事業主体名
日立アプライアンス株式会社
分類
家電機器
受賞企業
日立アプライアンス株式会社 (東京都)
受賞番号
11G03045
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

定番料理、中華料理、ヘルシーな野菜料理、おもてなしの本格調理、スイーツ、パンなどのメニュー(478レシピ、371オートメニュー)が選べる過熱水蒸気を搭載したオーブンレンジ。それらのメニューを選択する操作部は液晶パネルに表示されたボタンをタッチする簡単操作で、豊富なメニューもラクラク使える。左右・背面壁ピッタリ設置&上方放熱スペース10cm設置を実現し、質感の高い、シンプルな外観とともにキッチンへの置きやすさに配慮した。本体色はユーザーの好みで選べるパールホワイトとパールレッドを用意した。

プロデューサー

日立アプライアンス株式会社 家電事業部 事業部長 石井吉太郎

ディレクター

日立アプライアンス株式会社 家電事業部 商品計画本部 デザインセンタ 主任技師 北嶋正

デザイナー

日立アプライアンス株式会社 家電事業部 商品計画本部 デザインセンタ 瀬川教隆、上遠野耕一

詳細情報

http://kadenfan.hitachi.co.jp/range/select/type_steam.html

発売
2011年6月10日
価格

オープンプライス

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

オーブン予熱時の庫内の熱漏れをおさえる「予熱シャッター」。庫内温度の立ち上げがはやい「ダブル光速ヒーター」。庫内からの放熱をおさえる「背面4層断熱構造」で省エネ基準達成率111%。また、調理中、庫内灯と液晶バックライトを消灯できる。鉛、六価クロムなどを使わない、EUのRoHS指令、J-Moss対応済。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

操作部の位置、角度をキッチンでの実際の設置環境データーをもとに、小柄な人から大柄な人までに使いやすい位置、角度をプロトタイプを作成して検証、操作時に負担がかからない姿勢で操作できる。またハンドルは適度な太さ、形状で本体とのクリアランスを持ち快適に握れる。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

あたため、定番料理から本格調理まで、478レシピ、371オートメニューに簡単操作で気軽に挑戦したり、調理トレンドの蒸し物や、人気のギョウザをおいしく調理することも出来るようになった。また今まで棚収納で上方放熱スペースが足りなかった人にも幅50cm奥行き45cm高さ50.8cmのスペースで設置が可能となった。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

グローバルな資材調達。国内での商品企画、デザイン、設計、製造により高機能、高品質で使いやすい商品を素早くユーザーに届ける。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

省エネルギー性能の向上・原材料の環境への影響低減。

ユーザー・社会に伝えたいこと

この電子レンジは豊富なメニュー、機能を誰でも簡単に使いこなしてもらう為の簡単操作と液晶画面とタッチパネルデザインを追求した。キッチンに設置される高さ、80cmから120cmでの操作性に配慮したスラントパネルとした。インテリアフィットのパールホワイト。アクセントとして映えるパールレッドを用意し、いずれも、シンプルで質感高いエクステリアデザインとした。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、日立チェーンストール
http://www.hitachi-omisenavi.jp/

審査委員の評価

インターフェース部の面が上向きになっており、見やすく無理な姿勢を強いることが無い点が評価できる。フルフラットな操作パネルは操作が簡単で掃除もしやすい、かたちもシンプルで、オープンキッチンなどインテリアとの親和性も高い。

担当審査委員| 朝倉 重徳   安積 朋子   田子 學   蓮見 孝  

ページトップへ