GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ノート [バンキッシュ]
事業主体名
オキナ株式会社
分類
雑貨・生活用品
受賞企業
オキナ株式会社 (東京都)
受賞番号
11G02011
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

1つのページで決められた字詰めが完成する仕様を特徴とするノートです。1ページ内のマス数を製品毎に、論文作成の際によく出題されがちな400マス(16字×25マス)、600マス(20字×30マス)、または、800マス(25字×32マス)として制限しています。本文の罫は、横罫+縦ガイド罫。縦横で囲まれた1マスが記入文字数の目安となります。ノートの1ページ内のマス数が決まっているため、◯◯◯字以内の作文、字数を制限した論文の練習などの際に、作文後、または作文中に字を数えることが簡単にできます。

プロデューサー

オキナ株式会社 代表取締役社長 中井悦朗

ディレクター

オキナ株式会社 商品企画部 深川 渉

デザイナー

オキナ株式会社 商品企画部 深川 渉

詳細情報

http://www.okina.co.jp/products/notebook/vq00.html

発売
2009年9月1日
価格

168 ~ 252円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

『バンキッシュ』は、持続可能な社会は“意思”を持つところから始まるという発想のもと、普遍的なデザインを心掛け多くの人が利用可能なノートにすることで、社会に対して自己啓発を促すことを目指しました。実際に、『バンキッシュ』は実際の入試やテストの解答用紙と同じくらいの大きさで字が書けるので練習に便利と喜ばれています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

『バンキッシュ』は、環境への配慮から古紙を配合した用紙を本文に使用しています。そのため本文用紙の白色度が落ちる点をカバーするために、色彩心理を利用し発色の良い表紙を使用することで、中の本文用紙が少しでも白くきれいに見えるよう工夫しています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

昨今の経済事情からも盛んな自己啓発や就職活動。学生、受験生のみならず社会人も小論文や論述問題の学習や練習を課せられる機会は意外に多いはずです。作文の際、学術的な論文などは横書きのほうが都合が良い、原稿用紙は1枚づつなので後で整理保管に困る、等の理由からノートタイプを望む声もあると思います。『バンキッシュ』は学生、児童の他にこうした大人学習を望む人達のニーズにもお応えしています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

品質本位、こだわりの自社製品を海外ではなく国内で手がけたい。オキナの東京・本社工場は、糸綴じノート製本のノウハウがすべてつまっています。オキナの糸綴じノートは伝統・技術と文化が息づく墨田区にあるオキナ本社工場から生まれています。機能面はもちろん、コスト面でも評価を受けている『バンキッシュ』が自社工場で手がけられていることは、地域産業の活性化につながっています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

『バンキッシュ』は、学用品としての期待も高く、地球環境の視点から、また同視点から物品を購入する姿勢をお持ちの学校や企業のニーズから、環境への配慮に応える必要がありました。本文用紙に、オキナの学習帳と同じ原紙を使用し、古紙の利用を認められるよう、グリーン購入法適合商品として「GPNエコ商品ねっと」に掲載し、商品選択の際に比較可能な環境データを提供しています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

このノートの一番の特徴は、400字詰め、600字詰め、800字詰めを、それぞれA4、B5の各サイズに比率良くおさまる縦横の掛率を割り出せていることです。1ページを終えれば目標の字詰めが完成する、このノートで達成感を感じていただけたら幸いです。「バンキッシュ」は英語で「克服する、打ち勝つ」の意味。一冊を終えるごとに自分に打ち勝つ、そんな思いがノートの名前に込められています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国東急ハンズ、世界堂ほか
http://stylestore.allabout.co.jp/mojo/ProductInfo/sku/CC071-00-0003-A537/

審査委員の評価

文章をノートに書いてまとまとめたり、メモをとったりする時に、また、あとで文章を制限字数内にまとめる時などに重宝する仕掛けが施されている。手書きでノートに書くときなど、つい乱暴な書き方になってしまい、後で読み返す時に時間がかかってしまったり、読み間違えたりするものである。このノートを使うと、知らないうちに整理されたノート使いができるようになっているかもしれないな、と(期待感を込めて)感じる。

担当審査委員| 澄川 伸一   吉良 康宏   サイトウマコト   廣田 尚子  

ページトップへ