GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ティッシュケース [TAOG スリムティッシュケース]
事業主体名
岩谷マテリアル株式会社
分類
雑貨・生活用品
受賞企業
岩谷マテリアル株式会社 (東京都)
受賞番号
11G02055
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来のティッシュケースのイメージから脱却した、縦型タイプのティッシュケース。ティッシュを縦U字に曲げた形をそのまま外観に表現し、少し出たティッシュを美しく全体の形になじませるようにデザインしている。スリム、コンパクトで底面積が小さいので、ダイニングやパソコン周辺などの物が多く置かれる狭いスペースに置ける。また、開口穴が小さく、水が浸入しにくいので洗面所、キッチンなどの水廻りに適している。陶器のような光沢表面にすることにより、花瓶のような佇まいを演出する。様々なティッシュのサイズに配慮し、最後の一枚まで使えるように、内部の構造を検討した。

プロデューサー

岩谷マテリアル株式会社 ライフデザインプロジェクト 部長 和久井 一郎 副部長 横田 浩規  開発 坂本 英明

ディレクター

アッシュコンセプト 代表取締役 名児耶 秀美 八幡 純二

デザイナー

神谷 美夕 橋田 規子

詳細情報

http://www.imcjpn.co.jp

発売
2011年7月20日
価格

2,100円

販売地域

国内・海外共通仕様

問い合せ先

岩谷マテリアル株式会社 ライフデザインプロジェクト
URL: http://www.imcjpn.co.jp

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

本品は、継続的に調達できる汎用樹脂を使用していながら、無駄な凹凸がなく、汚れがつきにくい形状とした。シンプルな形で誰にでも長く愛されるデザインを目指した。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ティッシュは、家の中、オフィスでも様々な用途で使われる。本品は、女性の手でも片手で持て、いろいろな場所に持って行ける。パーティーなど人が多く集まる場所にも好適である。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

ティッシュケースのデザインを美しくすることで、ティッシュそのものにも価値を与え、大切に使う心を養う。場所をとらず空間を広く使えるので、豊かな暮らしの実現をサポートします。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

ティッシュケースのデザインに新たな縦型スタイルを提供した。ティッシュの需要は海外でも同様であるが、従来日本で販売されているティッシュケースでは国によって箱のサイズが異なり対応できていなかった。本品は、詰め替えて使用するため海外でも仕様変更しないで使える。海外へ販売することにより、日本の産業を活性化する。(原産国=日本)

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

・箱ティッシュの箱は中身が終わると捨てられる。本品があることで、ティッシュの箱の印刷を含めた製造エネルギーは必要なくなる。本来ティッシュは箱をなくすべきである。大手スーパー、ホームセンターでは詰め替えティッシュ(袋入り)を販売しているが、まだ普及されていない。本品が詰め替えティッシュ普及のきっかけとなるよう市場に定着させたい。・ティッシュを最後の一枚まで大事に使えるようにしたこと。

ユーザー・社会に伝えたいこと

日常何かと使うティッシュ。よく使うものだからこそ、美しく、空間を演出してくれるものが必要。TAOG Slim Tissue Case は縦型のティッシュ入れ。コンパクトでスリム、場所を取らない。ティッシュが少し出た姿を含め、全体に美しくまとめた。TAOGという名称は、GOAT=山羊のスペルを逆さにしたもの。山羊が紙を食べるので、紙を出すという意味で、その反対とした。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ロフト、東急ハンズ、雑貨専門店

審査委員の評価

ただでさえ、ものが多くスペースの狭い洗面所などでも縦型のフォルムに置き換えることで設置場所に困らないティッシュケースである。フタの開け閉めがなんの説明もなく開けられるような改善があるとさらに、完成度が上がる。まずは、スリム、縦型という発想の切り替えで新しい市場を開拓していることを評価したい。

担当審査委員| 澄川 伸一   吉良 康宏   サイトウマコト   廣田 尚子  

ページトップへ