GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
枕 [ジムナストプラス]
事業主体名
枕のキタムラ
分類
雑貨・生活用品
受賞企業
株式会社Kitamura Japan (愛知県)
受賞番号
11G02056
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

睡眠中の寝返りは眠りの浅い時、体圧の分散や熱の発散のために行います。それをスムーズにさせることがこの枕の一番の特徴です。枕の高さの好みは百人百通り。中材の足し引きが可能なのでわずかな高さ調節ができ、簡単に自分だけのオンリーワン枕が作れます。日本製の安心安全なモノづくりこだわり、裁断縫製仕上げを一貫して国内工場にて、ひとつひとつ大切に生産をしています。人は一晩にコップ1杯分の汗をかきます。特に頭部は体の他の部分より低い温度を保たなければいけないためにより多くの汗をかきます。そのため側地はもちろん、枕本体も丸洗いができ、いつまでも清潔にお使いいただけます。

プロデューサー

株式会社Kitamura Japan 北村圭介

ディレクター

株式会社スタジオディテイルズ 服部友厚

顔写真

詳細情報

http://www.kabu-kitamura.com/product/gymnast_plus.html

リニューアル発売
2010年12月5日
価格

9,240 ~ 16,800円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

丸洗いができることで清潔感を保ち、耐久性の高い素材を選び、その中材も交換ができ、長くつきあえる商品となることに取り組み、実現しました。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

身体に負担のかからない理想の寝姿勢は、直立した姿勢です。その姿勢を保てるような構造を長年の経験から開発しました。人は体圧の分散などのために数十回の寝返りをしていますが、その動きがスライドではなく弧を描くことから、それに対応できる形状をしています。横向きでの高さと仰向けでの枕の高さも変えています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

人は2?3日眠らないと本能的に生命の危機を感じ、集中力は低下し、朦朧としてきて、正確な判断ができなくなります。ですから睡眠は生きるために必要です。さらに快適に眠ることは、体や脳をリフレッシュさせることはもちろん、心にも十分な休息を与えることができ、日々の活力となるでしょう。ジムナストプラスはより快適に眠れることを提供します。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

材料については極力、日本で加工されているものを厳選して使用しています。またすべての生産加工工程は日本国内で行っています。各工程に設けられた厳しい生産基準の下、質の高いモノづくりを実現しており、衰退の一途をたどる日本の第二次産業の新たな発展に寄与していくことができます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

不眠による経済損失は、3兆5000億円に上ります。また年間3万人という自殺者の多くは、眠れないと周りにこぼしていたといわれています。睡眠欲が満たされない現代人が多い中、ジムナストプラスはどの方の身体にもフィットするカタチで、リラックスした快適な睡眠をサポートし、眠れる喜びを享受できます。

ユーザー・社会に伝えたいこと

私は枕を通して、日本中が元気な「おはよう!」の声で目覚めることを提供したいです。気持ちよく目覚めた日は、活力がみなぎっていませんか?パッと目を見開いた瞬間、「よし、今日も一日、頑張るぞ!」と、睡眠によって蓄えられたエネルギーがカラダの中から目覚めと共に解き放たれる。希望に充ちあふれた朝を迎えたとき、人は潜在的な大きな力を発揮するでしょう。そんな快適な目覚めを提供するのが私の喜びです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東急ハンズ名古屋店、ANNEX店など
http://www.kabu-kitamura.com/map/index2.html

審査委員の評価

寝返りに着目して徹底的に解決しようという姿勢が、形、素材、高さ調整機能という各項目に説得力ある形で現れている点が優れていると評価しました。

担当審査委員| 澄川 伸一   吉良 康宏   サイトウマコト   廣田 尚子  

ページトップへ