GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ノート [ショットノート No.9100、9101、9102]
事業主体名
株式会社キングジム
分類
雑貨・生活用品
受賞企業
株式会社キングジム (東京都)
受賞番号
11G02018
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「ショットノート」は、“手書きメモをすっきりデジタル化”をコンセプトに開発された、手書きノートとアプリが連携する新しいノートです。専用アプリでノートを撮影すると、アプリがノート四隅のマーカーを読み取って、自動でトリミング・台形補正を行い、ノートを画面ぴったりに取り込むことができます。ノート上部の日付と番号はOCR(自動文字認識)で読み取り可能なので、アプリの検索機能がより便利に活用でき、目的のノートをすぐに探し出せます。取り込んだノートは、アプリ内での閲覧はもちろん「メール送信」で共有したり、「Evernote」に投稿する事も可能です。

プロデューサー

株式会社キングジム 開発本部 本部長 横田英人

ディレクター

株式会社キングジム 開発本部 商品企画部 デザイン課 課長 戸田直利 商品企画部 デザイン課 遠藤慎 一般文具開発部 開発一課 清水貴仁

デザイナー

株式会社キングジム 開発本部 商品企画部 デザイン課 遠藤慎

詳細情報

http://www.kingjim.co.jp/

発売
2011年2月7日
価格

315 ~ 1,260円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

探すのに時間がかかったり、失くしてしまったりといった今までのノートの問題点をデジタルとの融合によって解決しています。ショットノートは、ノートの使用習慣をより便利に、効率的に変化させ、知的生産性を高めるツールとしてご使用いただけます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

ノートに書いた膨大な情報をいつでも何処でも、素早く探し出して確認する事が出来ます。デジタル化による新しいノートの活用を提案していますが、ノートを取る時の習慣を変えずに導入できるので、気軽にお使いいただけます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

今までにもノートをデジタル化する方法は多くありましたが、手間がかかってしまうためにやらないというシーンが多かったように思います。ショットノートは、肌身離さず持ち歩くスマートフォンのカメラで撮影するだけなので、手間を感じることなく手軽にデジタル化する事ができます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

紙のノートなどのアナログ製品と、スマートフォンやPCなどのデジタル製品は、今までどっちを選ぶかというように別のものとして捉えられてきました。ショットノートは、アナログの持つ良さと、デジタルの持つ良さを併せ持つという、今後の製品・サービスの一つの方向性を提案しております。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

デジタル機器の進化と普及に伴い、生活の場・オフィスの環境は激変しました。スマートフォンやタブレットなどのデジタル製品も急激に普及しています。知的生産の場ではそれらと併用される文房具も、その環境変化に適応するべきだと考えショットノートを開発いたしました。

ユーザー・社会に伝えたいこと

今までなんとなく紙に書いたものを携帯のカメラで撮影してしまっていたという方は少なくないと思います。その習慣をより便利にした商品がショットノートです。今まで敷居が高かったノートのデジタル化を、この商品を通じて多くの人に体験していただけたら嬉しく思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http:[JAPAN] http://www.kingjim.co.jp/sp/shotnote/ [US] http://myshotnote.com/ http://www.facebook.com/home.php?sfrm=1#!/shotnote

審査委員の評価

普通のメモ用紙ではデジタル化がなぜだめなのか?と思いがちだが、この「ショットノート」では専用のアプリで、ノート四隅のマーカーを読み取って、自動でトリミング・台形補正を行い、均一な画像で保存できる。また、日付も自動文字認識で読み取り、そのまま検索機能と連携して貴重なデータベースが構築できる。いろいろな工夫の集大成のデジタル化システムといえる。

担当審査委員| 澄川 伸一   吉良 康宏   サイトウマコト   廣田 尚子  

ページトップへ