GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
テープディスペンサー [ノッチレス]
事業主体名
株式会社 菊池-安國建築設計事務所
分類
雑貨・生活用品
受賞企業
株式会社菊池-安國建築設計事務所 (東京都)
受賞番号
11G02014
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

notchless(ノッチレス)は、従来通りの簡単な使用方法のまま、粘着テープを刃先で裂くようにして切るだけでギザギザの無いきれいな直線状の切り口を得ることができるテープディスペンサーです。直線状に切断された粘着テープは美観に優れ、ギザギザのめくれによるベタつきや汚れの付着が無く、ギザギザ部から裂けてしまうことが無いなどの利点を持ち、粘着テープの使用価値を高めます。簡単に、そして安全に粘着テープの切り口を直線状に切断できる刃先の技術は、特許取得(特許第4118911号)により裏付けられています。また、アルミ本体のテンションだけによりテープロール装着部の確実な固定と容易な着脱を両立させています。

デザインのポイント
1.We aimed to design a high-quality timeless product, not a part of a chain of short-term mass production, mass consumption, and large-scale disposal, and for a simple structure and material composition, with a form which is rational from all aspects. Careful consideration has been given to avoid waste and unnecessary decoration so that it does not depend on trends and changes in society.
デザイナー

安國 守

詳細情報

http://notchless.com

発売
2011年5月10日
価格

1,890円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

短期間で大量生産・大量消費・大量廃棄を繰り返す連鎖の一部となるものではなく、時代を超えて利用される製品となるような完成度を目指しました。流行や社会状況に依存しないように無駄や装飾を注意深く排除し、あらゆる点で理にかなっている形状であること、シンプルな構造・素材構成であることを追求しています。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来通りの簡単な方法で使用できるので、ユーザーがとまどうことがありません。また、刃先に鋭利なギザギザ形状をともなわないので、安全に使用することができます。さらに、アルミ本体のテンションにより、テープロール装着部(ポリカーボネートパーツ)の確実な固定と容易な着脱を両立させるというシンプルな構造により、メンテナンス性と耐久性を高めています。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

直線状に切断された粘着テープは美観に優れ、貼り付け後のギザギザのめくれによるベタつきや汚れの付着がなく、剥がす際にギザギザ部から裂けてしまうことがないなど多くの利点を持ち、粘着テープの使用価値を高め、使用用途を拡げることができます。また、シンプルな形状の刃先が備える機能は、形状(デザイン)が生み出す力への興味を喚起するものであってほしいという思いがあります。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

直線状の稜線にスリットが入っているだけのシンプルな形状で粘着テープの切り口を直線状に切断できる刃先の特許技術(特許第4118911号)は、その機能からだけではなく加工方法、素材選択の多様性からも次期スタンダードになりうるものです。この特許技術の優位性がさらに認められ、関連商品への技術導入につながることで、市場および産業へ貢献することができます。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

革新的機能を完成度の高い製品で提供します。無駄や装飾を注意深く排除し、あらゆる点で機能的に理にかなっている形状であること、シンプルな構造、最小の部品点数で構成され、耐久性とメンテナンス性を備えていること、リサイクル効率が高く耐久性のある素材であること、最小の素材構成であること等の設計思想に基づく完成度が追求されています。

ユーザー・社会に伝えたいこと

2005年の刃の特許出願から、開発・設計・製造に5年以上を費やした製品です。当初量産不可能といわれた形状や精度は、日本の高い製造技術により実現され、MADE IN JAPANという文字は特許番号とともに製品の誇りとなっています。あらゆる点で理にかなった形状であること、流行や社会状況に依存せずに時代を超えて利用される製品となることを目指した信念と思い入れは、付加価値となって製品に現れているはずです。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

オリオン書房 立川ルミネ店文具売場(東京都立川市) PAPER WALL ecute立川店(東京都立川市) ORION PAPYRUS(東京都立川市) KONCENT(web store) SEMPRE HONTEN(東京都目黒区) SEMPRE AOYAMA(東京都港区) SEMPRE IKEBUKURO(東京都豊島区) notchless store(web store)

審査委員の評価

一見しただけだと、本当に使いやすいかどうか不安になるのだが、実は機能にしっかりと裏付けされた曲線のフォルムがテープディスペンサーとして成立している。パッケージもセンス良くきれいにまとめられており、ギフトとしても喜ばれるであろう。

担当審査委員| 澄川 伸一   吉良 康宏   サイトウマコト   廣田 尚子  

ページトップへ