GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
活動量計 [オムロン 活動量計 HJA-306, HJA-307IT]
事業主体名
オムロン ヘルスケア株式会社
分類
健康・ケア、育児・介護用品
受賞企業
オムロン ヘルスケア株式会社 (京都府)
受賞番号
11G01050
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

活動量計は歩行だけでなく掃除や料理、デスクワークなど様々な生活シーンの消費カロリーが正確に測定できます。基礎代謝と活動量を合わせた1日の総消費カロリーがわかることで、摂取カロリーと活動量のコントロールが適切におこなえ、健康的なダイエットにつながります。薄さは10mmで、ポケットに入れても正確に測定でき、いつでもどこでも使いやすいデザインを実現しました。HJA-306は6色、HJA-307ITは背面の3色と豊富なカラー展開で、お気に入りの一台を選んでいただけるようにしました。HJA-307ITはウェルネスリンク(健康管理ウェブサービス)にも対応し、ウェブで気軽に健康管理ができます。

プロデューサー

オムロン ヘルスケア株式会社 商品開発統轄部 執行役員常務 統括部長 田中 孝英

ディレクター

オムロン ヘルスケア株式会社 商品企画統轄部 デザインコミュニケーション部 部長 小池 禎

デザイナー

株式会社シィクリエイティブ デザイナー 重野 貴、クリエイティブエンジニア 安達 和也 オムロン ヘルスケア株式会社 シニアデザイナー 伊藤 環、庄司 智美

左:重野 貴、右:安達 和也

詳細情報

http://www.healthcare.omron.co.jp/product/basic/150

発売
2010年11月1日
価格

オープンプライス

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

激しい運動が苦手な方でも、日常生活の中でのちょっとした行動(こころがけ)を本商品で計測し、振り返りをおこなうことで、行動意識の改善に役立てることが出来ます。ユーザーが自発的に自分の行動を振り返ることで、食事や運動のバランスコントロールを意識するようになり、結果的に健康的な方が増えます。「サステナブルな社会」に「健康」という立場から貢献できるよう取り組んでいます。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

歩行だけでなく家事、デスクワークなどの行動の消費カロリーがわかることで、摂取カロリーとのバランスをコントロールできるようになり、自分のライフスタイルに合った健康管理ができます。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

生活の様々なシーンの消費カロリーが24時間計測できることで、日常生活の行動意識が変わり、より健康的なライフスタイルを送ることができます。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

歩数だけを計測する歩数計から、行動識別ができる活動量計としての技術を進歩させることで、計測機器としてのセンサーの精度向上やアルゴリズムの発展に貢献します。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

使用者の行動意識が変わることで、健康な方が増加し、結果的にメタボ人口の減少につながることで医療費削減に貢献します。また移動手段として歩行を選択する方が増えることで、環境エネルギーの削減にも貢献します。

ユーザー・社会に伝えたいこと

健康は、病気になるなどしてカラダに不調があらわれるまで、日常生活の中ではなかなか意識できるものではありません。日頃から自分のカラダと向き合えるようにするため、従来の計測機器としてのイメージを変え、ファッションのようにお気に入りを選び、毎日身につけたくなる活動量計を目指しました。老若男女問わず日々の行動を振り返ることができ、日常的にご自身の健康管理に役立てることが出来ます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、ウェブ
http:HJA-306:http://www.healthcare.omron.co.jp/product/basic/150 , HJA-307IT: http://www.healthcare.omron.co.jp/product/basic/163

審査委員の評価

接種㌍と活動量のコントロールを適切に行ない、無理のないダイエットに結びつけるというニーズに、的確に応えた製品である。ターゲットの大半を占める女性を意識したカラリングやフォルムは、従来の同社の中では見られない傾向でもあり、評価できる。ウェルネスリンクとの関係性も含め、今後の発展に期待したい。

担当審査委員| 高尾 茂行   川島 蓉子   須藤 玲子   渡辺 弘明  

ページトップへ