GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2011

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Mizuho Brush メイクブラシ MB シリーズ [Mizuho Brush メイクブラシ MB シリーズ]
事業主体名
有限会社瑞穂
分類
健康・ケア、育児・介護用品
受賞企業
有限会社瑞穂 (広島県)
受賞番号
11G01040
受賞概要
2011年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

メイクブラシ国内生産シェア9割を超える広島県熊野町。メイクブラシOEM30年の実績をもつ瑞穂が、目まぐるしく変わる新商品ニーズに対応してきた商品開発力と、伝統技術を活かした高い穂先製造技術をさらに活かし世界に発信していく目的で、2008年に自社ブランド「Mizuho Brush」設立。本商品はMizuho Brushの旗艦商品として商品企画と開発を、外部デザイナーと共同しておこなった。開発企画にあたっては、180余年の歴史を持つ熊野筆伝統の穂先と、Japan Coolで手になじむ外観と機能にこだわった。

デザイナー

木村育子・デザイナー&アーティスト 広島市立大学芸術学部大学院修了。大学院在学中にドイツへ留学。生まれ育った広島を拠点に、国内外で活躍するアーティスト

木村育子さん

詳細情報

http://mizuhobrush-shop.com/shopbrand/016/P/

発売
2008年2月1日
価格

900 ~ 6,800円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

Rinアンテナショップ・東京都港区北青山3-6-26

問い合せ先

有限会社瑞穂
Email: info@mizuho-brush.com
URL: http://www.mizuho-brush.com

受賞対象の詳細

開発・企画について

サステナブル社会(持続可能な社会)の実現に向けて、応募対象が取り組んだこと

瑞穂は、「熊野筆」180余年の筆づくりの伝統的な技術をいかしながら、長年愛用できるよう手づくりをしている。このたゆまぬ筆づくりの継承と発展のために製造販売元の瑞穂とデザイナーが一体となって未来を切り開く新商品の開発を行った。

デザインについて

「身体・人間」の視点からみて、応募対象が提供できること

お化粧は、身体を装う衣服として女性を着飾ります。繊細かつ長く愛用していただける価値を手づくりでおこなうこの化粧筆は、美を紡ぐ針と糸のような存在となります。

「生活」の視点からみて、応募対象が提供できること

持ち手の部分は、抵抗感のない手になじむ形を追求してます。また、直接肌に触れる毛の部分は、肌への負担を最小限のものとし、より美しくより艶やかな肌感になるよう、毛の種類にこだわっています。

「産業」の視点からみて、応募対象が提供できること

従来の化粧筆は、メーキャップアーティストの方向けの専門性の高い商品でした。しかし自分らしく装う人は、惜しみない努力をします。MBシリーズは、その努力を手助けするツールとしてすべての方々に提供できる商品にしています。

「社会・環境」の視点からみて、応募対象が提供できること

筆づくりの技術は、ライフスタイルの変化とともに毛筆から画筆そして化粧筆へと発展してきました。MBシリーズは現在の技術の粋ですが通過点でもあります。それは、つねに人と寄りそった商品開発を心がけているにほかならないのです。

ユーザー・社会に伝えたいこと

人のぬくもりを感じるこの化粧筆で、世界中のあなたと身近なあのひとを末永く、そしてやさしく彩ってほしい。簡単、素早さを追求する昨今のメイクに対し、「筆メイク」には、「書き味」や「1本で複合的なメイク用途に使える」など人間らしいスローな利点を備えている。「良い道具によるメイクの本来の楽しむ」本来のメイク文化を醸成したい

どこで購入できるか、
どこで見られるか

中行機構アンテナショップRin(東京・表参道)、熊野筆アンテナショップ(広島駅ASSE内)、瑞穂公式ECサイト
http://rin-shopping.jp/html/newpage.html?code=61, http://www.asse.co.jp/shop/index.html?shop_id=4611,http://mizuhobrush-shop.com/

審査委員の評価

長い時間をかけて育まれた伝統工芸の技術と、現代的なデザイン感覚とが見事に融合したブラシである。特に毛先のカッティングは素晴らしく、筆のカーブが見事である。使い心地、使いやすさについては既に実証済みであり、全てにおいて、有無を言わせぬ一品に仕上がっている。

担当審査委員| 高尾 茂行   川島 蓉子   須藤 玲子   渡辺 弘明  

ページトップへ