GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
茶器(土瓶、急須、ゆのみ) [水玉 茶器]
事業主体名
有限会社副千製陶所
分類
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
受賞企業
有限会社副千製陶所 (佐賀県)
有限会社副正製陶所 (佐賀県)
受賞番号
10L01025
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

水玉柄は、太平洋戦争後に確立された比較的新しい技法で、青色の顔料であるコバルトの消費料を抑えるため化粧土の中に混ぜて使い、見た目の濃さに比べて使用料は少なく抑えられている。戦後の高度成長期(昭和40年代)に需要が増え、数多くの窯元で生産された。しかし、ニーズの多様化や流行の中でその量も減少していった。その後一部の大衆食堂、公民館等の公的施設からの需要によって細々と続けられていた。近年、昭和のイメージを思い出させるアイテムとして注目され、新しい形状にマッチさせるべくリファインしたものも生産されています。

発売
1955年1月1日

審査委員の評価

日本の食卓の象徴とも位置付けられる製品。大衆的な製品のカテゴリーにあるものだが、触れて心地よい水玉部のくぼみや持ちやすい把手など、よく練り込まれている。これらが当初使われていた時代が連想されるあたたかみのあるデザインである。

担当審査委員| 黒川 玲   蓮見 孝   平野 哲行  

ページトップへ