GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
腕時計 [グランドセイコー メカニカルモデル SBGR051]
事業主体名
セイコーウオッチ株式会社
分類
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
受賞企業
セイコーウオッチ株式会社 (東京都)
受賞番号
10L01009
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

1960年に誕生した初代グランドセイコー(以下GS)から今年は50周年を迎える。メカニカルGS復活を望む多くのファンや社内の熱い思いから1998年にメカニカルGS SBGR001が誕生し、12年後の今年基本デザインはそのままにSBGR051へリニューアルされました。『THE BEST BASIC 』をキーワードに、基本思想である①使いやすさの追求(装着性、操作性、視認性)②長期の愛用に応える(飽きのこないデザイン、長期メンテナンスの実現)③品格、上質感の追求(職人技による優れた外装仕上げ)、歴史と伝統、その時の最高技術を結集しSBGR001はデザインされ、SBGR051へと継承されています。

デザイナー

セイコーインスツル株式会社 デザイン総括部 ウオッチデザイン部 小杉修弘

発売
1998年11月26日
価格

350,000円

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

THE BEST BASIC(最高の普通)をテーマに作り上げたスタンダードデザインとして長く愛される商品であって欲しい。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

かつてのグランドセイコー神話を知らない、若い層にメカニカルグランドセイコーファンを広げること。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

永く愛される普遍性、信頼性、人間味、そして愛着と誇り。(永く愛用できるシンプルなデザイン。視認性の良さ。高精度からくる品質への安心感。装着感の良さ。)

審査委員の評価

秒針の動きに代表されるような機械式時計の精度の極み。キャリバーは時代の要請を受けて新しくされても、40年前と変わらない趣旨のデザインで、変わらずに愛着が持てる。技術立国・日本の象徴ともいえるグランドセイコーが、ますます磨き抜かれて現存することを喜びたい。

担当審査委員| 黒川 玲   蓮見 孝   平野 哲行  

ページトップへ