GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
エンターテインメントプロジェクトデザイン [AKB48]
事業主体名
株式会社AKS
領域/分類
ネットワーク領域 - パブリックコミュニケーション
受賞企業
株式会社AKS (東京都)
受賞番号
10E16015
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

作詞家・秋元康が総合プロデューサーを務める、2005年12月より活動開始のアイドルグループ。コンセプトは「会いにいけるアイドル」。秋葉原に彼女達専用の「AKB48劇場(シアター)」をもち、日々、歌とダンスを中心とした公演を行っている。総公演回数は2004回、観客延べ総動員数は約50万人。(2010年7月31日終演時点)メンバーは全て全国各地からの応募によるオーディションにより選出され、計48名及び研究生として20名、合計68名が在籍している。最新作は、10月27日にリリースの18枚目シングル「Beginner」。

プロデューサー

秋元康

詳細情報

http://www.akb48.co.jp/

活動開始
2005年12月8日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

東京都千代田区外神田4-3-3 ドン・キホーテ秋葉原8F AKB48劇場

問い合せ先

株式会社AKS

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

次世代アイドルのデザイン/大衆の“何となくの認知”ではなく、スケジュールを調整し、そこへ行き、お金を払ってでも観たいと思うものこそが、“人気”だと。カルピスの原液のように、稀釈して、カルピスウォーターやカルピス味の飴やアイスクリームになるような、ワンソフト・マルチユースできるのが、AKB48です。コンテンツもデザインを変える時代、グッドデザイン賞の専門家の方々の審判を仰ぎたいと思います。秋元康

審査委員の評価

情報のデジタル化はどんどん加速する。そんな時だからこそ今、人々は実際に体験出来るアナログな感覚を求めている。AKB48は秋元康氏の全面プロデュースにより、2005年に「会いにいけるアイドル」というその見事に時代をついたコンセプトをかかげ誕生した。秋葉原に専用劇場であるAKB48劇場を持ち、チームごとに日替わりでほぼ毎日ライブ活動をおこなうファンとのコミュニケーションを最大限に活用したアイドルとしてのあり方や、「AKB48選抜総選挙」「AKB104選抜メンバー組閣祭り」などファンから社会までを巻き込むプロジェクトの拡大。また東京秋葉原に加えて、名古屋・栄を拠点とする姉妹ユニットSKE48、大阪府大阪市なんばを拠点としたユニットNMB48など、日本三大都市すべてに大人数アイドルユニットを配し、地域に密着した活動を展開している。近年のエンターテインメントプロジェクトデザインとしては群を抜いた先見性と完成度で、社会に非常に大きなインパクトを与えた。今後もさらなる地方展開、海外展開をふまえ、ジャパニーズポップカルチャーをグローバルなエンターテインメントビジネスとして成立させる可能性を大きく感じさせるプロジェクトデザインである。

担当審査委員| 佐藤 可士和   永井 一史   中谷 日出  

ページトップへ