GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
WEBアプリケーション [NHK クリエイティブ・ライブラリー]
事業主体名
日本放送協会
領域/分類
ネットワーク領域 - デジタルコンテンツ
受賞企業
日本放送協会 (東京都)
受賞番号
10E14003
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

動物・風景などNHKのカメラマンが撮影した映像素材、過去の番組で使用した恐竜・宇宙などのCG素材、このサイトのために新たに作曲した音楽素材など計3000の素材をオンラインで公開し、誰でも自由に閲覧できるほか、利用のルールを守ればダウンロードして使うことができる、無料の動画素材提供サイト。提供する素材は、NHKが全て権利を有するものが基本。2009年10月31日にサービスを開始し、7月末までで1127万7346ページヴューを記録した。またサイトに簡易編集コーナーを設け初級者も簡単に映像作品作りが体験できる。そこで作った作品はサイトで公開しており、7月末で1000あまりの作品が閲覧できる。

プロデューサー

日本放送協会ライツ・アーカイブスセンター

ディレクター

株式会社NHKエデュケーショナル 事業推進室 デジタルコンテンツ 主任プロデューサー 山岸清之進

デザイナー

株式会社カニカピラ アート・ディレクター 姉川たく

詳細情報

http://www.nhk.or.jp/creative

利用開始
2009年10月31日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

NHKアーカイブスが保有するコンテンツを広く還元し、映像作品の制作活動に利用してもらうことで、国民一人ひとりの映像制作に関わる創造性、映像リテラシー、著作権意識の向上に寄与することが狙いである。特に教育現場での活用を含め、次代を担う若者に利用してもらうことを目指している。

デザイナーのコメント

NHKが今まで撮りためてきた映像アーカイブを無料で公開、提供する。未来に向かって開かれたコンセプトに共感しました。NHKクリエイティブ・ライブラリーが入口になって、日夜放送されている映像に対する思い入れが理解されたり、クリエイティブな考え方が広がったり、作ることへの興味が深まっていば、こんなにすばらしいことはない…ぜひ、それに協力させていただこう、そんな想いを込めてデザインしました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

①一般利用者による提供素材と自分で撮影した映像を組み合わせた創作作品の制作 ②一般利用者によるサイトの編集コーナーを利用した簡単な映像作品の制作 ③学校教育現場(中学・高校の「情報科」の授業など)で、提供素材を利用した授業の展開 ④イベント・ワークショップなどでサイトの素材や編集機能を利用した映像作品の制作

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

①空撮・特撮・CGなど、利用者がなかなか撮影できない映像素材を利用した、映像作品が作成できる ②動物、自然、風景などお気に入りの映像を堪能できる ③サイトの編集コーナーを利用することで、簡単に映像制作を体験できる

どこで購入できるか、
どこで見られるか

インターネットと接続したパソコン
http:www.nhk.or.jp/creative

審査委員の評価

NHKのハイクオリティな映像アーカイブを使用できるのは素晴らしい事だ。国民共有の財産を社会還元するコンセプトは、クリエイティブの可能性を広げる新しい試みのサービスだ。

担当審査委員| 佐藤 可士和   永井 一史   中谷 日出  

ページトップへ