GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
カラオケ機器 [ライブダム]
事業主体名
株式会社第一興商
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用A&V機器
受賞企業
株式会社第一興商 (東京都)
受賞番号
10E11019
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

バーやクラブ等のナイト店及びカラオケ店に置かれる高級フラッグシップカラオケ機。ソフトの新規開発に対応してハイビジョン対応の大型液晶画面を採用。液晶タッチ画面操作を取り入れ、アクリル部静電タッチセンサーとエンコーダーノブを併用し、感覚的に分かり易く信頼感のあるインターフェースを実現。シンメトリーのシンプルな造形に素材の質感をうまく使うことで、高級感、品格を創出。

プロデューサー

株式会社第一興商 開発本部 本部長 熊谷達也

ディレクター

株式会社第一興商 開発本部 副本部長 村井裕一+GKインダストリアルデザイン 朝倉重徳

デザイナー

GKインダストリアルデザイン 朝倉重徳、鈴木 慶

詳細情報

http://www.dkkaraoke.co.jp/

発売予定
2010年10月20日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

アミューズメントの中の品格

デザイナーのコメント

カラオケ機は非日常のアミューズメント機器として、今までどちらかと言えば子供っぽい、玩具的、表層的なデザインが主流だった。既に文化にまで昇格しているカラオケの新製品開発に対して、筐体デザインには今まで以上に本物の質感、高級感を持たせ、モノとしての魅力を向上させることを意識した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

カラオケルーム等で直接操作するエンドユーザー バー等のナイト店で操作する店側の担当者 設置、メンテナンスなどのサービス提供側の担当者

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

音楽、歌を楽しむアミューズメント性 誰でも簡単に操作できるインターフェース さまざまな空間に適応する、シンプルで高級感のある外観 エンドユーザーの誤動作を無くし、サービス担当者には簡単なメンテナンス性

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

正面パネル等外観に影響する部品の交換を容易にする構造設計 アミューズメント性のために必要な電飾を過度にならないよう配慮し、素材の使い方の工夫等で、最低限におさえた。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

カラオケ販売店

審査委員の評価

従来、ゲームセンター的な派手なデザインの機器が多い中、本機は非常に高い質感を持っており、このデザインの登場に大きな意義を感じる。素材に移り込む反射と、内部の表示ディバイスの光の融合により、ハイエンドモデルに相応しい高い品格を創造出来ている。ユーザーインターフェースにおいては、基本をタッチコントロールにしながら、音量などは直感的に操作のしやすいロータリーエンコーダーを採用するなどして上手く使い分けている。

担当審査委員| 朝倉 重徳   吉良 康宏   後藤 禎祐   佐々木 千穂  

ページトップへ