GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
デジタル複合機 [RICOH imagio MP 6001GP]
事業主体名
株式会社リコー
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用コンピュータ、および周辺機器
受賞企業
株式会社リコー (東京都)
受賞番号
10E10024
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

【先進の環境性能複合機】■オフィスのセンターマシンとなる環境配慮型の高速(60枚/分)デジタル複合機。使いやすさとスタンダードな造形が評価され2006年にGマークを受賞したimagio MP6000 SPを環境配慮型に進化 ①CO2排出量抑制と枯渇資源(石油)依存からの脱却のため、世界で初めて植物由来バイオマストナーをメーカー純正として実施②商品名エンブレムの透明材にバイオマス樹脂を使用③待機電力をキャパシタに蓄電し10秒復帰に活用する独自の省エネ方式④環境影響有害化学物質を削減 ■前身機を回収して再生したリコンディショニング機(imagio MP 6000RC SP)も環境対応として並行販売

プロデューサー

株式会社リコー MFP事業本部 衛藤 伸治

ディレクター

株式会社リコー 総合経営企画室 総合デザインセンター 百瀬 明

デザイナー

株式会社リコー 総合経営企画室 総合デザインセンター 堀口 滋、宗像 孝、勝山 悟朗

詳細情報

http://www.ricoh.co.jp/imagio/mp/6001gp/

発売
2009年11月18日
価格

2,200,000円 (本体標準価格)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

■【「省エネ・温暖化防止」「省資源・リサイクル」「汚染予防」】 ①CO2排出量抑制と枯渇資源(石油)依存からの脱却のため、世界で初めて植物由来バイオマストナーをメーカー純正として採用 ②商品名表示の透明材にバイオマス樹脂を使用 ③回収して再生しやすい外装形状であること  ■【操作性と視認性の向上】 ①簡単画面機能 ②アニメーションによるガイダンス ③色弱の人にもわかりやすいLED色と操作画面配色

デザイナーのコメント

■リコー長期環境ビジョンの持続可能な循環型社会を作る方針を受け、「愛着がわき、長く使っていただけるデザイン」に取り組んでいる ■本製品のベース機は使いやすく、長持ちするスタンダードなデザインやリサイクルを想定した分解性や洗浄性のすぐれた形状採用を実施していることが評価され、2006年度グッドデザイン賞を受賞した ■当機は環境性能を発展した商品であるが、外装デザインは良さを活かし前身機を継承した

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

■持続可能な社会の実現に向けて活動したり、関心の高い官庁、自治体、教育機関や民間企業での使用を想定 ■数人から数十人で共用されるので、高いプリントの生産性が必要 ■様々なオフィスやコピールームに長期間設置、使用されるので飽きのこない外観が必要 ■複数の機器を併用する場合が多いので、前身機や関連機種と一貫性のあるわかりやすい操作性が必要

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

■CO2排出量抑制、枯渇資源(石油)依存からの脱却、省エネルギーによるコスト低減を実現 ■「省エネと時間短縮の両立」を待機電力の一部をキャパシタに蓄電して10秒復帰に活用して実現  ■片面、両面とも同速のプリント速度60枚/分を実現 ■操作性と視認性の向上を実現 ①簡単画面機能 ②アニメーションによるガイダンス ③色弱の人にもわかりやすいLED色と操作画面配色

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

①【バイオマストナー】世界で初めてメーカー純正のバイオマス由来材料を使用したトナーを開発 ②【CO2削減】出力紙に印字されていたトナーを焼却時のCO2排出量抑制 ③【省エネ】独自の省エネ技術により、省エネモードからの復帰時間10秒を達成 ④【有害物質の削減】鉛はんだ、ポリ塩化ビニル、クロメート鋼板などの削減 ⑤リユース可能な「環境型エコ包装」 ⑥飽きのこない外観、清掃しやすい外装カバー形状の実現

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社リコー
http://www.ricoh.co.jp/imagio/mp/6001gp/

審査委員の評価

機能の多い複合プリンターをシンプルにまとめた外装デザインである。操作部は基本操作への考慮やユニバーサルデザインへの考慮をしているが、複雑なインタフェースデザインであり、今後の改良が期待される。

担当審査委員| 渡辺 弘明   山崎 和彦   渡邉 誠  

ページトップへ