GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
モノクロレーザー複合機 [Satera MF4580dn / MF4550d / MF4410]
事業主体名
キヤノン株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用コンピュータ、および周辺機器
受賞企業
キヤノン株式会社 (東京都)
受賞番号
10E10016
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

モノクロレーザー複合機のエントリーシリーズ。設置面積の小型化と収納式給紙トレイによって省スペース性を向上させるとともに、サイドから上面へつながる特徴的なプレートで軽快なイメージを表現し、より身近な存在を目指す。表層的な装飾を一切排除したシンプルな機能的形態で空間への調和とロングライフ性を考慮。予熱が不要な定着方式によって優れた省エネルギー電力値を達成し、実用的なドットマトリクス液晶を活用した分かりやすいインターフェイスを備える。FAXや両面機能の有無など、仕様が異なるユニットを組み合わせたバリエーションで効率的にラインナップ展開をはかり、幅広いユーザーニーズにきめ細かく対応する。

プロデューサー

キヤノン株式会社 映像事務機事業本部 事業本部長 中岡正喜

ディレクター

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 所長 酒井正明

デザイナー

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 竹内元章、 塩崎彰久、 宮本紀明、 小竹斉、 寺田七海子、 石橋正昭

詳細情報

http://canon.jp/satera

発売予定
2010年10月15日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

軽快なスタイリングと設置性や使いやすさの向上によって、高品位な小型レーザー複合機をより広く普及させることを目指した。省資源であること、省スペースな構成によって設置場所を選ばず空間に調和する美しさがあること、信頼感と親しみをもって長期にわたって愛用されること、そして幅広いユーザーニーズへきめ細かく対応できるように製品ラインナップを効率的に仕立てることをデザインの目標とした。

デザイナーのコメント

装飾的な要素と無駄なパーツを一切排除して、シンプルで機能的な本質の形を追求した。サイドから上面へつながるプレートを造形の特徴としてボリュームを感じさせない軽快さを表現。流行に左右されない静かな佇まいで、長期にわたって愛用される本物の道具を目指している。一貫した明快な造形テーマのもとで、ユニット変更によって効率的に製品ラインナップを展開し、幅広いユーザーニーズにきめ細かく対応することを考慮した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

SOHOや店舗、一般オフィス内のワークグループなどにおいて、高品位なレーザープリントを手軽に活用して仕事の価値を高めたいユーザーをターゲットとした。処理スピード・購入使用コスト・占有設置スペースなどの実利面はもちろん、使用時の快適性や空間での美しい佇まいなど、心理面での価値も重視するユーザーを想定した。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

小型な本体サイズとフロントオペレーション構成によって設置場所の自由度が高い。操作パネルの大型液晶画面を活用して、通常使用および内部メンテナンス操作まで誰もが分かりやすく快適に使えるようにした。シンプルで軽快なスタイリングによって、親しみやすく空間を美しく知的に演出する価値を実現した。きめ細かい仕様の製品ラインナップ化によってニーズに最適なモデルを選択することが出来る。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

本体材料やカートリッジはリサイクルに対応。必要時だけ瞬時に加熱する独自の定着方式によってスリープ時3ワット以下という優れた環境性能を実現。無駄な装飾材料を一切使わないシンプルな機能的造形によって、省資源かつロングライフな使用を考慮。共通部品を多用したユニット変更による効率的なラインナップ展開によって、一貫したデザインテーマのもとでの明快な存在感のある製品シリーズ化を実現した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http:-http://cweb.canon.jp/satera/mfp/index.html

審査委員の評価

造形テーマが明確で破綻のない美しさを感じる。ドットマトリックス液晶を使うなどこのクラスにないインターフェイスを備え、競合メーカーより一歩先んじている感がある。こういった製品を見るにつけ、このメーカーのデザインマネージメントの高さを感じられずにいられない。

担当審査委員| 渡辺 弘明   山崎 和彦   渡邉 誠  

ページトップへ