GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ブルーレイディスクレコーダー [東芝ブルーレイディスクレコーダー RD-X10/ RD-BZ800/ RD-BZ700/ RD-BR600]
事業主体名
株式会社東芝
領域/分類
ネットワーク領域 - 家庭用A&V機器
受賞企業
株式会社東芝 (東京都)
受賞番号
10E07021
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ハードディスク内蔵ブルーレイディスクレコーダー。多彩な編集機能に加え、レグザリンク機能・ネットダビング機能・ネット接続機能によりレグザ(TV)との連携仕様を強化し、使い勝手を向上した。また、外付けUSB HDD対応により、HDDを増設したり番組のジャンル毎や家族の中でHDDを使い分けるなど、外付けならではの使い方を可能とした。さらにレコーダーを初めて使う人からヘビーユーザーまで幅広く対応できるラインナップを用意。本体のデザインについては、TVとの親和性を考慮し、ノイズレスながらさりげない存在感を意識したものとした。

プロデューサー

株式会社東芝 ビジュアルプロダクツ社 社長 大角 正明

ディレクター

株式会社東芝 デザインセンター 映像機器デザイン担当 グループ長 広木慎一

デザイナー

株式会社東芝 デザインセンター 映像機器デザイン担当 鈴木毅、中村任志

詳細情報

http://www.rd-style.com/

発売
2010年8月19日
販売地域

日本国内向け

設置場所

家庭内

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

ブルーレイディスクレコーダー を初めて使う人からハードユーザーまで幅広いユーザーに満足してして頂ける製品を目指した。TVとの機能面の連携、デザインテイストの統一で、同じブランドの製品で揃えたいと思えるような世界観を確立したい。

デザイナーのコメント

本機で強化されたTVとの連携機能を明快に表現するべく、TVとのイメージの整合を最も大事にした。ノイズレスながらさりげない存在感をテーマに、TVと一緒に置かれる佇まいはもちろん、単体として美しく存在できようなデザインを目指した。また、GUIデザインを一新、トーンを押さえることでより映像を楽しむことに配慮、RDシリーズ伝統の高度な録画・編集機能を踏襲し、より高い操作性をもつインターフェースを実現した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

様々なレコーディングスタイルに対応したラインナップの為、レコーダーを初めて使う人からハードユーザーまで幅広く想定。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・様々な映像コンテンツを保存、楽しむことが出来る。・当社ならではの多彩な編集機能で、映像エンターテイメントの枠を拡げた。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

・従来より省エネの液晶表示管の採用、自動電源オフ機能を採用し消費電力を削減。・分解しやすい構造と、部品点数の徹底した削減、材料のリサイクルを容易にするため、 25グラム(g)以上のプラスチックに材料名表示を実施。・梱包用のパッケージのインク消費量を削減し地球環境に配慮。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

家電量販店、東芝ストアー、SHOP1049(オンラインショッピングサイト)
http://www.t-store1048.net/

審査委員の評価

このブルーレイ・ディスク・レコーダーはハードディスクを内蔵し、そしてリンク機能やネット機能を付加するなど、家庭でのさまざまな使用状況に配慮した使いやすいものとなっている。それら必要十分な機能満載の機器を非常にシンプルに、それでいて存在感のあるデザイン表現がされている。妥協の無いシャープな面構成と精緻なディテール処理がこの機器の多機能と最新技術を包み込んでユーザーに訴えている。

担当審査委員| 朝倉 重徳   吉良 康宏   後藤 禎祐   佐々木 千穂  

ページトップへ