GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Digital Memory Camcorder [SMX-C20]
事業主体名
Samsung Electronics Co., Ltd.
領域/分類
ネットワーク領域 - 個人向けA&V機器
受賞企業
Samsung Electronics Co.,Ltd (South Korea)
受賞番号
10E03036
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

C20 is an innovative digital memory camcorder whose lens is angled at 25 degrees. The employment of a slanted lens allows the user to shoot videos without straining his wrist by encouraging a natural posture. It is small and lightweight, thus ensuring a high level of portability. A mystic image was created for the SD camcorder through color gradation and the sense of thickness of (high glossy) transparent material, resulting in overlapping effects.

プロデューサー

Joonghoon Kim Senior Manager Product Planning Group Digital Imaging Division Samsung Electronics

ディレクター

Tomohiro Harata, Principal Designer, Design Group, Mobile Communication Division, Samsung Electronics

デザイナー

Myungkyu Kim, Assistant Designer (Main Designer), Youngsang Jang, Senior Designer, Design Group, Digital Imaging Division, Samsung Electronics

発売
2010年5月20日
価格

16,500 ~ 50,000Yen

販売地域

国外市場向け

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

The adoption of the innovative 25-degree Active Angle enables the user to shoot videos in a natural, comfortable posture. We strengthened the emotional experience by employing a distinctive design and materials as a means to break away from the typical cold feel of functionality-oriented IT devices.

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

This is a small, lightweight camcorder that can be easily carried around and is intended for users who want to shoot videos in a natural, comfortable posture.

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

The Active Angle design applies an ergonomic grip to a compact size camcorder. It minimizes burden on the wrist and thus increases video-shooting opportunities.

審査委員の評価

シンプルで親しみが持てる丸みのある形状とレンズの角度によって新たなムービーの撮影スタイルを生み出している。片手でも両手でも操作がしやすいことや撮影時のズーミングのスピードなど、ユーザーのことを考え抜いたデザインである。

担当審査委員| 柴田 文江   川島 蓉子   戸谷 毅史   宮崎 光弘  

ページトップへ