GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
宇宙実験施設 [「きぼう」日本実験棟]
事業主体名
宇宙航空研究開発機構
領域/分類
社会領域 - 公共・文化教育関連施設
受賞企業
独立行政法人宇宙航空研究開発機構 (東京都)
受賞番号
10D06001
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「きぼう」日本実験棟は、日本、米国、ロシア、欧州、カナダの世界15ヵ国が協力して地球周回軌道上に建設を進めている国際宇宙ステーションの施設の一つとして、昨年7月に完成した。「きぼう」は、これまで我が国の無人の人工衛星では成し得なかった実験インフラの提供、実験装置や生物試料の補給・回収・修理などを可能とし、宇宙利用方法の革新、裾野の拡大などに貢献するものである。また、「きぼう」は、宇宙飛行士の操作性、誤操作防止の工夫、システム自動化による作業負担軽減、白と青を基調とした内装や静かで視覚・聴覚に優しいデザインとなっており、ホルムアルデヒドフリー、高気密等と宇宙飛行士にとって安全で優しい施設である。

プロデューサー

白木邦明

ディレクター

筒井史哉

デザイナー

「きぼう」日本実験棟プロジェクトチーム

全デザイナーの代表

詳細情報

http://kibo.jaxa.jp/index.html

組立起動完了(「きぼう」の完成)
2009年7月19日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

地球周回軌道上高度400km

問い合せ先

(独)宇宙航空研究開発機構 広報部
Email: proffice@jaxa.jp
URL: http://www.jaxa.jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

「きぼう」の開発を通して、地上の生活・実験環境を軌道上に実現する有人宇宙技術を習得し、広範囲な高度技術を推進すること、実験インフラストラクチャを整備し、「きぼう」の利用を通して、新たな科学的知見の獲得、また技術や研究成果を地上の産業にフィードバックすることを目的とする。

デザイナーのコメント

「きぼう」の開発当初、欧米の機関には日本が本格的な有人宇宙施設を実現できるとは思われていなかった。日本人特有の勤勉さと手先の器用さでこの施設を実現できたこと、また、軌道上での組立、起動、運用がほとんどトラブルなしに実施できたこと、これらにより漸く欧米に日本の技術力の高さを認めさせ、肩を並べることができたことなどを、日本国民の一員として誇りに思う。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

宇宙飛行士並びに国内外の研究機関、研究者、教育者及び宇宙で新しい表現に挑戦する芸術家

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

宇宙飛行士対して安全で優しい作業環境及び微小重力環境を利用した物理現象の解明、植物や細胞を利用した放射線や微小重量の生命現象への影響解明、創薬や環境問題への貢献を目指したタンパク質結晶生成、オゾン層などの地球大気観測、宇宙空間の放射線などの環境計測、ブラックホールなどの天体観測、などの宇宙環境を利用した実験・観測環境の提供。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

有人宇宙施設を、国内のエンジニアが協力して、試行錯誤しながら試作や試験を繰り返して完成させた。また、言語、文化の壁を乗り越えながら、国際宇宙ステーション参加各国のエンジニアとも議論を重ね、国際水準の施設を造り上げることができた

どこで購入できるか、
どこで見られるか

(独)宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター
http://iss.jaxa.jp/

審査委員の評価

宇宙からのテレビ中継で「きぼう 日本実験棟」での実験は、微小重力環境を利用した物理現象の解明、植物や細胞を利用した放射線や微小重量の生命現象への影響解明することなど多岐に渡る。この実験の様子を見ていると、子どもの頃ワクワクして化学実験などを行った記憶が蘇ってくる。その実験結果は地球上では考えられない不思議さが満載であり、大人でさえも好奇心がムクムクと湧いてくる。「きぼう」は耐久性、安全性、操作性、高気密性等々を極限まで追求しており、隕石からのプロテクトなどさまざまな新素材や新工法が考えられている。削ぎ落とされた機能的であり即物的な姿はとても美しい。「きぼう 日本実験棟」は、まさに地球環境問題を俯瞰できる叡智の集大成施設である。宇宙開発においてはアポロ、ソユーズなどの米ソが主役であったが、今回世界15ヵ国と協力して地球周回軌道上に建設を進めている国際宇宙ステーションの施設製作に参加している。昨今の日本人宇宙飛行士たちの大活躍とこの「きぼう」の開発とその功績は群を抜いてすばらしい。疲弊した元気のない日本社会に、夢と希望を与える施設であり、まさに今の時代を反映した宇宙スケールのグッドデザインである。

担当審査委員| 南雲 勝志   森田 昌嗣   安田 幸一  

ページトップへ