GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
LED照明 [Panasonic LEDベースライト ストレートタイプ NNF11500LE1,LE2 / NNF11510LE1,LE2]
事業主体名
パナソニック電工株式会社
領域/分類
社会領域 - 公共機器設備
受賞企業
パナソニック電工株式会社 (大阪府)
受賞番号
10D04004
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

・LEDを光源としたコンパクトな次世代の汎用ベースライト(□55mm×L350mm)。・蛍光灯20W器具と比較して約半分の長さで同等の直下照度を確保し、消費電力を約45%もカットできる。・器具のノイズを極限まで無くしたシンプル形状と、適正配光を両立するデザイン。空間のクオリティを損なわない。・光を天井にも広げる配光設計。空間の明るさ感を高める。・取付は天井・壁・すえ置きと多用途。

プロデューサー

パナソニック電工株式会社 照明事業本部 施設屋外照明事業部 木村進吾

ディレクター

パナソニック電工株式会社 デザイン開発センター 照明デザイングループ 染矢克典

デザイナー

パナソニック電工株式会社 デザイン開発センター 照明デザイングループ 酒井杏子/施設・屋外照明事業部 山村泰典

発売予定
2010年8月31日
価格

35,000円 (税抜)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

・汎用ベースライトのデザインレベルを高めること。・設置される空間のクオリティを損なわないデザインであること。・天井側へも光を拡散させ、天井面が暗くなるのを解消すること。 (LED光は指向性が高く、天井面が暗くなってしまう直付ベースライトが多い) ・光同等・省エネ40%以上のパワーと1/2サイズのコンパクト性の両立(FL20形比)。

デザイナーのコメント

-汎用品こそ整えるべき- 一般にベース照明と言えば富士型やホルダーなどが普及しているが、デザインに一種の諦めがあるように思う。それが街のいたるところで使われているのが現状。LEDという次世代の光源が普及し始めたこの時代に過去のカタチを引きずるのは如何なものか。諦めの遺伝子を払拭し、「美しさ」という遺伝子を広げたい。汎用品を整えることで社会のインフラも整うと考えながらデザインした。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

環境性能に配慮するマンションやオフィスビル等の建造物の共用廊下や階段、あるいは駐車場など。従来の富士型器具や直付けホルダー器具が設置されている部位への使用を想定している。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・蛍光灯20Wランプを使用した器具と光量同レベルのパワーながら、消費電力を約45%カット。・約5倍の長寿命で省メンテナンス。ランプ交換などのメンテナンスにかかる労力・コスト削減に貢献。・天井にも光が広がる配光設計。天井の暗がりを解消し、空間全体の明るさ感を高める。・空間クオリティを損なわないシンプルかつコンパクトなデザイン。・LED器具として採用しやすい値ごろな価格設定。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

・省エネ率45%達成(FL20形比)。・長寿命光源の採用によりランプ交換回数1/5。(10年間メンテナンスフリー) ・広く普及している20形直管蛍光灯器具と比較して同等以上の照度・配光を確保。・施工性の維持。・採用しやすい値ごろな価格設定。・ノイズを削ぎ落としたシンプルかつコンパクトなデザイン。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国関係代理店

審査委員の評価

ノイズの少ないシンプル、コンパクトなデザインのベースライト。コストに制約のある汎用品でありながら、これからのスタンダードとなるべき器具のデザインに真剣に取り組んだ成果である。LED光源により省エネになることはもちろんだが、蛍光灯と同照度でサイズを半分にし、指向性の高いLEDの癖を考慮し天井への配光を積極的に行うなど、まじめなデザインの取り組みが評価された。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   馬場 了   山本 秀夫   和田 達也  

ページトップへ