GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
システム管理ソフトウェア [Hitachi bd Link]
事業主体名
株式会社日立製作所
領域/分類
仕事領域 - 産業・企業向けサービスシステム
受賞企業
株式会社日立製作所 (東京都)
受賞番号
10C06003
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

IT化の進展に従い、企業が扱うデータの大容量化・クラウド化などにより、データセンターが管理する機器数が膨大になっている。Hitachi bd Linkは、全体的なサマリー情報からブレード個別の詳細まで、粒度の異なる情報を適切に可視化し、障害予測を支援する。また、膨大な機器の設置場所をビジュアル化することにより、迅速な障害対策を容易にするデータセンター管理ソフトである。従来はリストベースで機器情報を監視していたが、データセンターのフロアマップのビジュアル化と、機器情報のサマライズ表示を行うことにより、専門知識のないユーザーでも簡単に機器と機器を取り巻く状態の把握が容易になった。

プロデューサー

株式会社日立製作所 エンタープライズサーバ事業部 クライアント本部 濱田浩次

ディレクター

株式会社日立製作所 デザイン本部 伊藤英太郎

デザイナー

株式会社日立製作所 デザイン本部 鈴木順子、野上大輔

発売予定
2010年7月31日
価格

13,000 ~ 35,000円

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

(株)日立製作所 エンタープライズサーバ事業部
URL: http://www.hitachi.co.jp/ha8000-bd-inq/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

専門知識のないユーザーでも簡単に機器の管理を行えるように、雑多な情報をそぎ落として、本当に必要で重要な情報を可視化して分かりやすく提供すること。データセンターのフロアマップをビジュアル化することにより、管理者から現場保守員への指示伝達を容易にし、少人数での機器の管理を可能にすること。

デザイナーのコメント

このソフトウェアで実現したかったことは2つ。「機器の状態が把握しやすいこと」と、把握した「機器の情報を伝えやすいこと」。管理ソフトでは「あれもやりたい」「これもやりたい」という要求が非常に多いが、ITスキルの低いユーザーでも「使える」ことが命題だった。そのためシンプルで簡素な画面をめざし、取捨選択を重ね、情報を絞りに絞ることでノイズを減らし、必要な情報を明確化したうえでビジュアル化した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

ブレードサーバー・ブレードPCの管理を行う、データセンターのリモート管理者及び現場保守員。リモート管理者は機器及びシステム管理の専門知識を持つ。他の業務をこなしながら機器の導入計画・エラー管理などを行い、障害発生時はリモートで確認して保守員に指示を出す。保守員はリモート管理者に比べて専門知識に乏しい。エンドユーザーからの問い合わせや、管理者からの指示を受けてシステムの復旧を行う。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・機器情報を可視化し、シンプルに表示することで、専門知識のないユーザーでも直感的にデータセンターの管理を遂行できる。・機器情報の伝達が容易になることによって、リモート管理者が直接データセンターに行かなくても現場保守員が対応可能となる。・全体を俯瞰して監視することにより、特定エリアに集中して障害が発生している事態を直感的に把握できるようになり、重点的な障害対策を行える。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

ソフトウェアの操作を簡単にすることで、誰でも機器の保守・管理を行えるようになり、専門知識を持つ管理者はリモートで複数のデータセンターを同時に管理できるようになった。障害発生時には遠隔地のデータセンターに適切に情報を伝えることで、現場の保守員が対応可能となる。一人で複数のデータセンターを管理できるため、リソースを減らし、専門知識のない保守員でも現場対応可能となるため、コスト削減につながる。

審査委員の評価

目に見えない莫大なデータを安全かつ確実に管理し、事故を未然に防止し、万が一障害が起きた場合は迅速に対処することが社会インフラとしてのIT化には必須条件である。この課題に対して様々な技術的セーフティネット等の構築が必要な一方、人の最終判断、対策作業の重要性増大している。本申請はデータの大容量化・クラウド化の時代において、人の判断や管理の容易性の課題に対しデザインアプローチにより解決した点で高く評価した。

担当審査委員| 紺野 登   國澤 好衛   日高 一樹  

ページトップへ