GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ノート/メモブロック [典型 ドローイングパッド&上質メモブロック]
事業主体名
株式会社伊藤バインダリー
領域/分類
仕事領域 - オフィス関連機器設備
受賞企業
株式会社伊藤バインダリー (東京都)
受賞番号
10C02011
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

典型とは、誰にでもそれとわかる原型的なデザインで、唯一絶対の典型というのは存在しない。安定して製造され需要があるということが典型を生む。作り、売り、使うという過程で無理がないことが重要であり、展開可能なひとつの「型=フォーマット」である。そのコンセプトに基づいた本製品は、紙製品がデザインに於いて依存しがちな印刷を一切省き、素材と加工技術のみで仕上た。ダンボール古紙を原料とした厚みのある台紙が特徴で、材料の選定から最終工程までを製本職人が1冊づつ丁寧に仕上た製品である。側面から見る本文と台紙のコントラストは美しく、いかなる場所で使用しても調和できる存在感がある。

プロデューサー

株式会社伊藤バインダリー 常務取締役 伊藤雅樹

ディレクター

グッドアイデア株式会社  代表取締役 松田朋春

デザイナー

有限会社ペーパーバック 則武弥   luft 真喜志奈美

詳細情報

http://www.ito-bindery.co.jp/

発売
2009年12月1日
価格

900 ~ 2,400円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

紙と製本技術のみで仕上られた製品。感性を描きとめてほしい。

デザイナーのコメント

「ものづくりの現場から原型的な意匠を見いだす」ことをコンセプトとしたコラボレーションレーベル「典型プロジェクト」商品のひとつです。ものづくり日本の工場にしみわたった「精度の文化」を、そのままパッケージして届けたいと考えています。マイクロミシンを入れたドローイングパッドやB5サイズを3分割した大判のメモブロックは、これまでになかった実用性の高いカテゴリーであり、「新しい典型」の提案でもあります。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

・ドローイングパッドはデザイナー・画家・建築家など、筆記での作業性を重視する現場での利用を想定した。切取って定型サイズになるデザインは、コピー・スキャン・ファイリングのし易さを想定した為である。・上質メモブロックは、その存在感からこだわりの文具を求める方やオフィス・店舗・ホテルなどの重要な窓口での利用を想定した。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

多くはクリエイターの方が、仕事道具として利用している。描き、切離し、スキャニングやコピーをし、保管する。一連の動作を一日に数多くこなす現場では、表紙、装飾が無いドローイングパッド・上質メモブロックはその作業をリズミカルに行うことが出来る。また、厚みのある台紙が、作業の安定感を支えている。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

未晒しでパルプ本来の質感のあるクラフト紙を取り入れるなど、紙本来の質感と製本職人の断裁技術(側面の艶や)をそのまま味わえる商品を開発した。木材を連想させる台紙にはダンボール古紙を原料とする紙を利用している。綴じ部の針金は裏面から平綴じし、突起部分はボール紙で保護する事で、安全性を確保した。

審査委員の評価

メモブロックは見た目が素晴らしくグッドである!この商品の評価ポイントはこれにつきます。紙束の存在感、緊張感のある端面の美しさ、色の組み合わせ、机の上に置いて、何かメモしたくなる!そんな気持ちを誘います。ドローイングパッドは紙も気持ち良くはがれ、連続したドローイング行為間のストレスを感じさせないでしょう。ベースも端面が美しく好感が持てました。

担当審査委員| ムラタ・チアキ   馬場 了   山本 秀夫   和田 達也  

ページトップへ