GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
リターナブル包装資材 [ノートパソコン用フリックス タイプ12]
事業主体名
ヤマト包装技術研究所株式会社
領域/分類
仕事領域 - 産業・土木建築関連機器設備
受賞企業
ヤマト包装技術研究所株式会社 (東京都)
受賞番号
10C01033
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

様々な大きさ・形状のノート型パソコン等に対応できて、安全かつ簡単に輸送できる新しい包装手法を用いたリターナブル包装資材です。包装のたびに商品の形に合わせられるフレキシブルな成型機能と何度も使える特殊な緩衝機能により、今まで製品毎に都度、用意していた包装資材が不要になり、繰返し使えることで、ゴミを削減することができます。製品を包み、資材をポンプで脱気するだけで簡単に包装が行えます。また、外装ケースには素材と形状による緩衝機能を付与しており、内装・外装のダブルの緩衝機能で輸送中の衝撃・振動から大切な製品を保護します。

プロデューサー

ヤマト包装技術研究所株式会社 代表取締役 山内 信幸

ディレクター

ヤマト包装技術研究所株式会社 包装技術研究所 所長 柏原 弘一

デザイナー

ヤマト包装技術研究所株式会社 包装技術研究所 研究員 雑賀 正宏

雑賀 正宏

発売予定
2010年9月29日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

汎用かつリターナブルな包装資材の投入により、利便性が高く、個人負担の少ない、事業者による循環型包装資材の配備・運用を実現して、環境にやさしい循環型社会を形成することを目標としています。

デザイナーのコメント

内装の新たな脱気型の包装手法と外装の特殊素材を用いた緩衝構造により、汎用性・機能性が非常に高い、新たな循環型包装資材をデザインできたと考えます。このような汎用性のある循環型包装資材のデザインを通じて、利便性が高く、個人負担の少ない、事業者による循環型包装資材の配備・運用を実現して、環境にやさしい循環型社会を形成できればと考えます。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

宅配便事業者(易損品配送用)、製品生産メーカー(新規製品の出荷包装、修理回収/配送用)、修理事業者(修理回収/配送用)、レンタル・リース業者(配送・回収用)、個人輸送者(移動・修理・販売)

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

資材のモジュール化とリターナブル化による、包装資材経費低減とゴミの削減。誰でも簡単に包装できることによる、包装作業時間の短縮および包装作業教育の短縮。高い緩衝性による、物流品質の向上。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

長期的に使用できるよう、ユニット部品単位での修理や交換を可能にする製品設計を行った。包装資材の供給と共に資材の修理・交換及び回収・廃棄(サーマルリサイクル等)を行うサービスを展開することで環境負荷低減を実施。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ヤマト包装技術研究所株式会社 〒135-0012 東京都江東区海辺8-4 TEL : 03-5606-5525
http://www.yamato-pti.co.jp

審査委員の評価

依頼主からの大切なノートパソコン(データ)を確実に破損なく、指定場所に届けるリターナブル梱包システムとして評価された。現場からの意見を素直にカタチにしたデザインであり、ゴミを出さず資源を有効的に使用する企業姿勢が評価され、審査員一致のもとサステナブルデザイン賞に推薦した。

担当審査委員| 山田 晃三   大島 礼治   村上 存  

ページトップへ