GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅 [命、食、住の家(人の誕生と成長を見守る家)]
事業主体名
個人
領域/分類
生活領域 - 戸建住宅・集合住宅
受賞企業
有限会社ランドサット (大阪府)
受賞番号
10B08089
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

助産院、オーガニック和食店、住居。3つの用途の異なる施設が、一つの建物に融合しています。助産院は新しい生命にとって最高のホスピタリティが提供できる場所です。和食店は自然素材に囲まれた、一期一会を大切にし「食」を通してのホスピタリティを体現できる空間です。住居はアレルギーのある子供も安心な、構造、仕上材をすべて自然素材で構成した、子供たちに対するホスピタリティの考え方を素直に表現した住まいです。夫婦のホスピタリティに対する考え方や想いが、建物を訪れる人々に響く住まいづくりを心がけました。安心で安全なデザイン、万全な施工体制がホスピタリティを実現する建物づくりを支えました。

プロデューサー

株式会社リクレア・ライフエージェント 石田俊二

ディレクター

有限会社ランドサット 安田利宏

デザイナー

有限会社ランドサット 安田利宏

-

詳細情報

http://landsat.jp/

利用開始
2009年5月30日
販売地域

日本国内向け

設置場所

大阪府枚方市

問い合せ先

有限会社ランドサット
Email: yasuda@landsat.jp
URL: http://landsat.jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

3つの施設はそれぞれのスタイルでホスピタリティのあり方を空間化しています。助産院は妊婦と新しい生命にとって最高のホスピタリティを追求する場所です。和食店は自然素材に囲まれた、一期一会を大切にし「食」を通してのホスピタリティを提供する空間です。住まいはアレルギーのある子供にとっても安心できるように、建物全体を自然素材で構成しています。

デザイナーのコメント

住宅地のはずれの小さな三角形の変形地に、如何に3つの施設を融合させた住まいを造り上げるか、何度もエスキスを重ね数多くの打合せを行うことで、夫婦のホスピタリティに対する考えと想いをデザインに昇華させました。各施設をどう紡ぎ合わせるかに苦心いたしましたが、夫婦の実現への熱い想いが詰まった住まいができたと思います。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

夫婦がそれぞれのホスピタリティに対する想いを助産院、和食店、住居とそれぞれのスペースに具現化した建物です。そんな夫婦の元を訪れる人々に取って、最高の癒しとなるサービスがそこには存在しています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

夫婦の職と住が一体化した建物であり、各々のホスピタリティの考え方が建物全体に表現される事で、家族と、夫婦の考え方に共鳴してそこを訪れる人々との交流が生まれます。小さな住宅地の片隅での出来事ですが、その輪は時間をかけて確実に広がっていく事でしょう。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

夫婦のそれぞれのホスピタリティに対する考え方を理解することに時間を十分にかけて、一つ一つプランニングとデザインに反映させていきました。3つの施設を一つの建物にまとめなければならず、通常の住宅設計とは時間も労力もかかりましたが、夫婦のホスピタリティに対する考え方に共鳴し、その想いが実現へ向けてのモチベーションとなりました。

審査委員の評価

意外な取り合わせの機能を一体的に構想レベルでとらえ、具体的な設計でも破綻なく納めている点、自然素材を最大限生かすような姿勢が評価された。一方、街にこの建物施設をどう表したいのかという点についてやや伝わりにくい。

担当審査委員| 難波 和彦   高橋 晶子   手塚 由比  

ページトップへ