GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
佐竹台の家 [TELEVISION HOUSE]
事業主体名
森村政悦建築設計事務所
領域/分類
生活領域 - 戸建住宅・集合住宅
受賞企業
森村政悦建築設計事務所 (京都府)
受賞番号
10B08072
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

この建物は免震構造を取り入れることで壊れ難い住宅を実現し、家族の心理的安心と長く暮らせる高耐久性を確保した新しい住まいの空間表現を提案している。

プロデューサー

森村 政悦

ディレクター

森村 政悦

デザイナー

森村 政悦

詳細情報

http://www.morimura.org/gallery/gallery_top.html

竣工
2008年10月21日

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

従来の基礎内に納められていた免震層を解放する事で、今までのような壊れまいとひたすら剛性を確保してきた耐震構造とは別に、住まいを地面から切り離す事を具体化し、建物の「底」という新たな空間の有効活用を提案すること。

デザイナーのコメント

この建物は免震構造の高い技術を活用することで、壊れにくく、長く使えるシンプルな造形デザインを表現することで、地震や災害に対しての備えだけではなく、家族や友人達そして地域住民にとっても、安心と調和のとれた景観を提案する。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

①一般住宅及び小規模商業建築物。②日本特有の地震対策と高耐久性を求めるユーザーに対して、免震構造における免震層を積極的に住空間に利用したデザインとする事。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

①高床式居住とすることで、敷地に対しての表土面積の確保と緑化計画。②免震層でもある床下空間の新鮮な空気を中庭を通して室内に取り入れることにより、空調エネルギーを押える省エネ機能を搭載。③中庭上部の可変アルミルーバーによる採光調整機能。太陽光の反射角を利用して、低い太陽光でも光を積極的に室内に導入し採光と熱調整が出来る省エネ機能搭載。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

①建物は軽量化と荷重バランスを積極的に図った。②免震層の開放的な空間はメンテナンスを容易にするためにも効果的である。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大阪府吹田市
http://www.morimura.org/

審査委員の評価

薄いコンクリートに包まれた室内が免振構造によって駐車場の上に浮かんだ形式がわかりやすい。デティールにまでこだわってデザインされているのが見てとれる。

担当審査委員| 難波 和彦   高橋 晶子   手塚 由比  

ページトップへ