GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
工業化住宅 [SMA×Eco HOUSE]
事業主体名
大和ハウス工業株式会社
領域/分類
生活領域 - 戸建住宅・集合住宅
受賞企業
大和ハウス工業株式会社 (大阪府)
受賞番号
10B08053
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

豊かな「エネルギー自給住宅」の構築に向けた取組みの一環として実証実験のため建設された住宅展示場。“住まい手”の視点に立った居心地の良い住まいの下に先進技術のあり方を模索し、日本の家に伝わる「自然と共に生きる知恵」と先進の「創エネ・蓄エネ・省エネ技術」を融合した次世代住宅を体感できる。さらに、その相乗効果を見える化し、携帯端末で扱えることで気づきや行動促進を生み、エコを日常化したライフスタイルを実感できる。

プロデューサー

大和ハウス工業株式会社

ディレクター

大和ハウス工業株式会社

デザイナー

大和ハウス工業株式会社 東京デザイン事務所+鈴木エドワード建築設計事務所株式会社+株式会社キルトプランニングオフィス

利用開始
2010年7月10日
価格

46,639,380円 (183,000円/㎡?)

販売地域

日本国内向け

設置場所

〒344-0065 埼玉県春日部市谷原2-2-6 春日部展示場内大和ハウス工業株式会社

問い合せ先

大和ハウス工業株式会社 営業本部 住宅事業推進部 事業戦略グループ
URL: http://www.daiwahouse.co.jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

①日本の暮らしの知恵の再解釈。自然を最大限に取り込むことで四季の変化を楽しみながら、外部環境を取り入れ、居心地の良い住環境とすること ②エネルギー自給住宅の実現に向けた、各種エネルギー機器を最適な組合せとすること ③HEMSによる各種エネルギー機器の相互連携と住まい手がそれらを日常的に運用できる環境を整備すること

デザイナーのコメント

自然を大切にする日本の住まいのよさを先進技術で発展させる。そこにおける暮らしをどのようにかたちにするかがポイントと捉えた。光や風、緑をどこからでも感じられる中庭と吹抜を空間の要と位置づけ、同様のコンセプトを持つxevoEDDIをベースに共同開発者である建築家鈴木エドワード氏にアレンジを含め監修いただいた。照明については照明家豊久将三氏の監修のもとLED照明本体の開発を含め光の質にこだわった。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

家庭から排出されるCO2への問題意識を持ちながらも、暮らしの豊かさは求める生活者

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

「自然と共に生きる知恵」と「先進技術」を融合することで最大限に自然を感じながら、より質を高めた居心地の良い住空間を体感できる。さらに、見える化システム(HEMS)により、家庭でもCO2削減という地球規模での貢献を実感できる。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

縁側・坪庭・風道による自然を最大限に取り込むプランニングと、太陽光発電・燃料電池による「創エネ」リチウムイオン蓄電池による「蓄エネ」当社の省エネに優れた外張り断熱通気外壁・照明家豊久氏監修のオリジナルLED照明による「省エネ」といった技術をHEMSで融合、見える化し、さらに携帯端末との連携によって、住まい手が生活の中でエコを日常化できる空間を作った。その結果、従来より約68%CO2削減を実現した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

〒344-0065 埼玉県春日部市谷原2-2-6 春日部展示場内大和ハウス工業株式会社

審査委員の評価

エコアイテムの効果を視角化した点が新しい。これまでのプロトタイプを,少しずつモディファイしながらヴァリエーションを進化させている点を評価したい。

担当審査委員| 難波 和彦   高橋 晶子   手塚 由比  

ページトップへ