GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
戸建住宅 [ココラボモデル環境共生住宅(東京デコルテ)]
事業主体名
株式会社細田工務店 / 株式会社コスモスイニシア
領域/分類
生活領域 - 戸建住宅・集合住宅
受賞企業
株式会社細田工務店 (東京都)
株式会社コスモスイニシア (東京都)
受賞番号
10B08047
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

【ココラボ】とはユーザー参加型の新しい産学共同研究システムです。2008年度に「人に、環境に、やさしい家」をテーマとした研究を実施し、2010年に2棟の木造戸建住宅を具現化します。自由度の高いフレキシブルな間仕切りを具現化する構造計画、住まい方の変化などの時間変化へ対応性をもつプランニング・主要構造部材には国産無垢材を使用し、住まい手にも環境にもやさしい計画としています。又、通風の研究により街区の風の分析・建物間の風の流れ・建物内の風の動きを設計に取り入れました。建築空間のデザインに加え、敷地周辺も含めた風環境や温熱環境のシミュレーションを行うことによって環境に配慮した計画としています。

プロデューサー

株式会社細田工務店+株式会社コスモスイニシア

ディレクター

有限会社エム・ティー・ビジョンズ

デザイナー

東京大学大学院 難波研究室・稲山研究室・前研究室、株式会社難波和彦+界工作舎

発売予定
2010年9月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都八王子市堀之内

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

環境へ調和しながら、人が健康で快適な生活をおくることができる住宅の一つの形を目指しました。【家族が永く住み続ける家、街並みを創造する家、健康・エコ素材の家、ラクラク家計簿の家、季節と上手に付き合う家】という5つの視点から研究を重ね、シミュレーション?計画?実測という設計手法によって、人にも環境にも優しい家の実現を目標としました。

デザイナーのコメント

ユーザー参加型産学共同研究と研究成果の具現化がこれまでの不動産市場への新たな価値を創造しうるものであると考えています。本プロジェクトは「人に、環境に、やさしい家」をテーマとし、研究?シミュレーション?計画?実測までの流れを組み、環境共生に加えて快適な住まいの創造を実現しています。今回の取り組みが事業者のみならず住まい手に対しても価値住宅の評価につながっていけることを願っています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

自身の生活に非常に意識的な家族を想定しました。家族とのつながりや関わりを大切に考え、子供をのびのびと育てたいという志向性を持った方であり、教育や環境問題など様々なことに関心や興味のあるユーザーを想定しました。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

環境共生住宅として、機械に極力頼らないパッシブな環境配慮の考え方を用いています。環境についてはもちろん、自然と共に暮らすという日本の気候の快適さを実感できる価値住宅を創造しました。密度の高い現代の住宅の方向性の中、風を取り込み、多層的な空間における温熱環境の快適性を具現化する住まいのあり方を示せたと思います。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

様々な視点からの提案をWebを通じて不特定のユーザーの参加得、産学研究のアプローチの検証・ユーザーとのコラボレーションを具現化しました。テクノロジーで解決できる部分とユーザーの共感性の確認を通して、一つの解を見いだせたと思います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京デコルテ販売センター
http://www.cigr.co.jp/cocolabo/

審査委員の評価

環境への配慮とデザイン性、住み心地を両立させようとする意欲的な取り組み。次世代へと繋がるあり得べき住宅の姿を考える上で意義深い。

担当審査委員| 難波 和彦   高橋 晶子   手塚 由比  

ページトップへ