GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
LED ランプ [E-CORE LED ランプ GX53 タイプ]
事業主体名
東芝ライテック株式会社
領域/分類
生活領域 - 住宅設備
受賞企業
東芝ライテック株式会社 (神奈川県)
受賞番号
10B05029
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

電源の小型化により従来にない薄型でコンパクトな新形状のLED光源を実現しました。照明器具に搭載しても突出感がなく、器具設計の自由度があり新しい器具デザインの展開が可能になります。また、眩しさをコントロールした拡散タイプと中角タイプの2種類の配光をラインアップ、口金は薄型構造の「GX口金」を採用しました。

プロデューサー

東芝ライテック株式会社 LED事業部 商品企画部 ランプ・ユニット企画担当 グループ長 通島茂夫

ディレクター

東芝ライテック株式会社 技術本部 デザインセンター長 松本潤

デザイナー

東芝ライテック株式会社 技術本部 デザインセンター 山本淳一郎、高橋愛子、和田明日香

詳細情報

http://www.tlt.co.jp

発売
2009年9月30日
販売地域

日本国内向け

設置場所

一般住宅?施設・店舗系の建物まで幅広く使用が可能

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

CO2増加による地球温暖化問題は照明メーカーの大きな課題の一つであると考えています。白熱電球に替わりCO2排出削減に貢献する高効率LED光源の一層の普及を図るため、商品ラインアップの充実を計画しております。また、昨年より一般電球形E口金のLED電球を既に発売し、LED光源の特性を活かした全く新しい薄型LEDランプの開発を目指しました。

デザイナーのコメント

先進性が強いLEDのイメージを奇をてらった形ではなく、実用性があり長く使えるスタンダードなデザインとして表現した一方で、LEDでなくては現実しないデザインというのも目指しました。また、ダウンライト、ブラケット、シーリングダウンライトなど、器具の順次発売を予定しており多彩な器具への用途が広がる全く新しい薄型LEDランプを目標として開発致しました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

一般家庭用途から施設など幅広くご使用いただけます。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

低消費電力・長寿命ですので電気料金の削減、省メンテナンスに寄与します。さらに、安全性を考慮してグローブには割れにくい樹脂カバーを採用しています。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

当社では施策としてエネルギー効率の低い白熱電球の製造をいち早く取りやめ、高効率なLEDへの置き換えを促進しています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://www.tlt.co.jp

審査委員の評価

電球型LEDに続く、薄型コンパクトな新形状のLED光源。LEDでなければ実現しない形が突出感をなくし、今までにない照明をつくり出す契機となる可能性を感じる。

担当審査委員| 川上 元美   五十嵐 久枝   岩崎 一郎   須藤 玲子   橋田 規子  

ページトップへ