GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
リビング・ダイニング用家具 [バンケットシリーズ. コックス (ソファ)+コートランド(テーブル)]
事業主体名
株式会社エスティック
領域/分類
生活領域 - 家具・インテリア用品
受賞企業
株式会社エスティック (徳島県)
受賞番号
10B05017
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

家庭における「食べる場所」と「くつろぐ場所」をひとつにまとめる家具セット。食卓用ダイニング家具と、リビング・ソファーを一体化したもの。掘りごたつやちゃぶ台を囲んで過ごす日本人のもつ快適な住まいの原風景を参考に、日本人にとって心地の良い生活空間、限られた居住スペースの最大活用、食事や会話に人が集いやすい場所、を提案することを目的としている。機能面としては、座とテーブル天板の距離感、座の傾斜や柔らかさの調整など、通常のソファーで食事をする際に感じる不快感を解消している。また他に、広く開いて掃除のしやすい足元、カバーリングでクリーニングが可能など、生活の場で求められる機能的要素を盛り込んでいる。

プロデューサー

株式会社エスティック, 代表取締役 福村 八十八

ディレクター

オリジン株式会社 取締役開発部長 松田利計

デザイナー

a studio, 安積 伸

現在ロンドンを拠点に活躍する日本人デザイナー、安積 伸氏

詳細情報

http://www.estic-jp.com

発売
2010年3月1日
価格

178,000 ~ 724,000円 (張り生地のランクにより価格が変動いたします。)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

心地の良い生活の原風景として日本人が持っている、ちゃぶ台や炬燵を囲んだ生活、食べた後に横になってしまえるようなLDが一体となった空間を、現代の家具として提案した。狭い空間を広く使いたいと考えている人だけではなく、家族が日常的にコミュニケーションを持つ生活の場所を確保したいと考える人、床上生活が辛くなった高齢者などにも、この日本人に馴染み深く心地よいLD一体の生活環境を提供することを考えた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

日本の典型的なLD(リビング・ダイニング)の空間を使って生活している人。そこに従来のダイニング用リビング用の家具を設置し、空間の狭さや無駄を感じている人。家族がふれあう場を増やし家族間のコミュニケーションを多く持ちたいと考えている家庭。床上に座る生活が辛くなった高齢者で、リビングとダイニングが分かれた家具のレイアウトに不満を感じる人。この家具セットは、そのような方々を使用者として想定している。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

心地の良い原風景として日本人がもつ「リビングとダイニングが一体となった生活空間」を新たな家具デザインで復興し、提供する。ダイニングとリビングの家具をひとつにすることで、効率的かつゆとりをもった空間の利用が可能となる。椅子生活に移った高齢者にも日本旧来のものに準ずる居住様式を提供することが出来る。LD家具の一体化で、家族がこの場を囲んで過ごす時間が長くなり、家族間コミュニケーションの機会が増える。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

エスティック表参道ショールーム、大阪ショールーム
http://www.estic-jp.com

審査委員の評価

日本の昔からの住空間を意識したバンケットシリーズ。家族一同が、掘りこたつ、ちゃぶ台を囲んでいた生活に、日本人の暮らしの原風景を重ね合わせ、それを懐かしむかのように開発されたシリーズ。必要なところに納まる家具という印象のデザインは、テーマに基づいて構造や素材が選ばれている。少人数でも大勢でも、どんなシチュエーションにも対応できるデザインは、こたつに通じる。

担当審査委員| 川上 元美   五十嵐 久枝   岩崎 一郎   須藤 玲子   橋田 規子  

ページトップへ