GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
カセットこんろ [イワタニ カセットフー アモルフォ "プレミアム"]
事業主体名
岩谷産業株式会社
領域/分類
生活領域 - 食卓・調理用品
受賞企業
岩谷産業株式会社 (東京都)
受賞番号
10B03031
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

アモルフォはカセットこんろのフラッグシップモデルとして、世界にも類の無い高級市場を開拓し、他製品に比べ数倍の高価格にも関わらず、特にデザインへの見識が高い方々に絶大なる支持を頂いております。今回の"プレミアム"はアモルフォ発売後19年の時を経て、高い安全性、省エネ技術による環境性能の向上、使い易さと更なる高級感、高性能を目指しリニューアルを果たしました。

プロデューサー

岩谷産業株式会社 常務執行役員 総合エネルギー本部 副本部長 根本正志

ディレクター

岩谷産業株式会社 総合エネルギー本部 カートリッジガス部長 稲田和正

デザイナー

株式会社プレーン 渡辺弘明

詳細情報

http://www.iwatani.co.jp

発売
2010年9月1日
価格

23,100円

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

岩谷産業株式会社 カートリッジガス部

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

アモルフォは基本的に1モデルで20年近く作り続けられ、多くの方々にご支援頂いております。この間、技術的な進歩や社会の意識変化など、この製品を取り巻く環境も変わり、リニューアルの時期となりました。"プレミアム"は高級感、高い安全性を踏襲しつつ、省エネ技術による環境性能を向上させ、上質な食卓空間を演出するに足る存在感と高い独自性を目指しました。

デザイナーのコメント

十数年のロングライフを実現した初代アモルフォのリニューアルにあたり、コンパクト性、高級感を踏襲すると共に、和洋を問わずあらゆる空間に違和感を覚えることなく、上質な食卓を演出し得るデザインを目指した。バーナー等主要部品は省エネを実現し、部品点数の削減など環境に対しても配慮した。十数年後も売り続けることが可能な製品が出来たと確信している。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

1991年1月発売開始以来、高いデザイン性と品質で評価をいただいてきたアモルフォ。その後継機としてお気入りのメニューやその器を選ぶのと同じように、食卓に載せる道具類にもこだわりをもち、食事と、食事を通じた人間同士のコミュニケーションに大きな価値を見出す方々を対象としています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

ステンレスの風合いを活かしたデザインは旧モデルのイメージを残していますが、形状だけの変化にとどまらす、機能として進化する結果となりました。バーナーの熱効率を上げるための改良はデザイン性の向上にもつながり、五徳からコーナーパーツに繋がる形状はボディの合成を高めるなど単なるデザインチェンジで終わらせること無く性能の向上に寄与しました。上質な食卓空間を演出する道具としてさらに完成度が高まっています。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

高さを押さえた影響で発生する輻射熱などを抑制する形状を模索、「立ち消え安全機構」を搭載し吹きこぼれや風で炎が消えても自動的に再着火するなど安全性に配慮しました。また、内炎式燃焼のエコバーナーを搭載、鍋の外に漏れる熱量を抑制して熱効率をアップ。バーナーの火力を利用してカセットボンベのガスの気化を安定化させる「ヒートパイプ加温機構」を搭載し最後までガスを使いきり、火力を落すことなく使用出来ます。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

日本国内の百貨店店頭

審査委員の評価

初代アモルフォの発売後19年の時を経て、リニューアルされたデザインは正常進化として当時見たインパクトと同じ温度を感じる。細部を見ると各部の丁寧に処理されたパーツが精度高く配置され他のカセットコンロには無いインテリジェンスを感じさせる。機能も洗練し内炎式バーナーで火力を無駄なく利用できエコに貢献出来る等、現代の環境配慮も怠らない商品として評価された。

担当審査委員| 澄川 伸一   田子 學   廣田 尚子   松下 計  

ページトップへ