GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ベビーシューズ [育ち応援シューズ1 はじめてたっち、育ち応援シューズ2 よちよちあんよ、育ち応援シューズ3 とことこあんよ]
事業主体名
ピジョン株式会社
領域/分類
生活領域 - 雑貨・日用品
受賞企業
ピジョン株式会社 (東京都)
受賞番号
10B01046
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ぽっちゃりした足でつかまり立ちを覚えてから安定した歩行ができるようになるまでの間に、赤ちゃんの足の形状や歩行、動作は大きく変化します。ピジョンの歩行研究から生まれた育ち応援シューズは、それぞれの発達段階に合わせた設計で、赤ちゃんが歩行を覚えるまで適切にサポートする発育用品です。また、履かせやすく脱がせやすいデザインで忙しいママにラクチンなベビーシューズです。

プロデューサー

ピジョン株式会社 開発本部 商品開発部 開発2Gマネージャー 杉田 浩一

ディレクター

ピジョン株式会社 開発本部 商品開発部 開発2G 中川藍子、小野友紀子

デザイナー

世界長株式會社

発売予定
2010年6月14日
価格

4,305 ~ 4,620円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

『愛をカタチにする』という創業以来のピジョン理念に基づき、おぼつかない足どりの赤ちゃんに適切な歩行を覚えてほしい、"歩きたい・動きたい"気持ちをサポートしたいという『赤ちゃんへの愛』を具現化すること。

デザイナーのコメント

大きく変化する足に合わせたステップアップ提案。履かせやすく、安心して履いてもらえる。子供たちにもステップアップする都度お兄ちゃん、お姉ちゃんになる楽しみを。履かせるお母さん、履く子供たちにHAPPYを感じてもらいたい。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

育ち応援1⇒つかまり立ちや伝い歩きを始める時期の赤ちゃん対応。ぽっちゃりした、親指と小指が外に広がった扇形の足の形。立っている時間は短く、移動は主にハイハイ。育ち応援2⇒一人でよちよち歩ける頃の時期の赤ちゃん対応。手放しで歩けるが、グラグラした不安定な歩行。育ち応援3⇒後ろ歩きやジャンプなど活発な動きを始める頃の赤ちゃん対応。脂肪が落ち、全体にほっそりとした足の形になる。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

育ち応援1⇒ハイハイやおすわりも邪魔せず、足なりに曲がるやわらか設計。歩き初めの赤ちゃんに靴の重さを感じさせない軽量感。育ち応援2⇒屈曲性はありながら、不安定な歩行をサポートする設計。特にぐらつきがちな後足部の安定感を実現させた。育ち応援3⇒活発な動きに対応するフィット性とクッション性の高い設計。履かせやすさはそのままに、紐靴のように広い面積で足にフィットさせる構造。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

育ち応援シューズを通して、ママを始めとした購入者に赤ちゃんの足や歩行の発達についての知識を提供し、足に合った靴を履かせることの重要性を理解いただくことができる。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

赤ちゃん本舗、ベビーザらス
http://www.akachan.jp/, http://www.toysrus.co.jp/b/

審査委員の評価

乳幼児が歩き始めることをサポートするシューズとして必要な機能を3段階に分けてシリーズ化し、各段階ごとに必要な機能とテーマを設けて商品化している点について、明解な立脚点に立って企画開発を行ってきた事が伺えます。まだ柔らかい乳幼児期の足をサポートする機能とファッション性の両立など、細かい配慮を感じる商品に仕上がっています。

担当審査委員| 澄川 伸一   田子 學   廣田 尚子   松下 計  

ページトップへ