GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2010

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
サロン クルーザー [ヤマハ イグザルト 36 スポーツサルーン]
事業主体名
ヤマハ発動機株式会社
領域/分類
身体領域 - 個人向け車両
受賞企業
ヤマハ発動機株式会社 (静岡県)
受賞番号
10A05021
受賞概要
2010年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

・ハルとデッキというメイン部品の合わせ部を一体感あるデザイン Y.I.B.(ヤマハインテグレーテッドボディ)として、塊感ある流麗なエクステリア。・本革&銘木(黒檀&ゼブラウッド、オーク)という高級素材をふんだんに使用した、高級感溢れるモダンなインテリア。・IPSという次世代推進器を搭載した、高効率&低燃費&イージー操船。・2009年度日本Boat of the Year 大賞受賞。

プロデューサー

ヤマハ発動機株式会社 マリン事業本部ボート事業部 事業部長 笹川壮一

ディレクター

ヤマハ発動機株式会社 マリン事業本部ボート事業部 舟艇製品開発部 デザイン統括 主査 薄 雅弘

デザイナー

ヤマハ発動機株式会社 マリン事業本部 ボート事業部 舟艇製品開発部 デザイン統括 主査 薄 雅弘

詳細情報

http://www.yamaha-motor.jp/marine/lineup/boat/bigboat/exult36ss/index.html

発売
2009年10月1日
価格

69,154,995円 (販売価格には(本体価格¥64,800,000+法定安全備品他価格¥1,061,900)・消費税¥3,293,095)を含む)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

全長を12m未満に抑えながら、プレミアムサロンクルーザーとしての品格を備えた流麗なヨーロピアンデザインと7人がゆったり座れる広いフライングブリッジを実現したエクステリアと、1クラス上の居住空間を有し、吟味した素材を使用して高級かつ寛ぎを重視した上質なモダンなインテリアを実現した。また、数々の快適機能を標準装備し、操船性及び走行性にも優れた次世代の指標となるモーターボート。

デザイナーのコメント

誰もが見た瞬間にスタイリッシュと感じ、係留されているマリーナ等で優越感に浸れる自他共に認める伸びやかなフォルムを有したワンクラス上のエクステリアデザインを表現しました。また、インテリアデザインには、ワンクラス上の居住空間を実現し、本革や銘木を使用したモダンで高級感溢れる上質なインテリアを表現しました。ヤマハが誇るプレミアムブランド「EXULT」にふさわしいサロンクルーザーとして仕上げました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

EXULT 36 Sport Saloonは、流麗なヨーロピアンタイプのエクステリアと、広々とした上質感溢れるモダンなインテリアを持ち、洋上での爽快なクルージングはもちろんのこと、ボートで過ごす時間を大いに満喫できる、新たな価値観をユーザーに与える高級感溢れるプレミアムサロンクルーザーとして開発した。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

優越感に浸れる自他共に認める流麗なエクステリアと高級素材をふんだんに使用したモダンなインテリアを実現。サンベッドを備えたクラスを超えたフライングブリッジと水辺へのアクセスが容易なトランサムゲートの採用等の、人に優しいレイアウトの実現。また、船上パーティ等で人を招いて自慢できる雰囲気の良いアフトデッキと女性に喜ばれる高級感豊かなパウダー&シャワールームを実現。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

対応1:全方位に推進力を発生させ、イージー操船が可能な推進システム「VOLVO-IPS」を搭載し、容易な離着岸性を実現した。本艇ではレイアウトを見直し、12m未満クラスのボートでの採用を可能にした。対応2:スタビライザー効果を発揮する形状とし、同クラス比-30%の揺れを実現した。また、揺れを低減するアンチ・ローリング・ジャイロをオプションで搭載することが出来るようにレイアウトを工夫した。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

横浜ベイサイドマリーナ,ベルポート芦屋に係留保管(ユーザー艇)

審査委員の評価

ハル・デッキ・キャビンともに緩やかで一体感のあるスタイリングを実現しており、新規性という点で評価した。少し欲を言えばインテリアに関しては「旧来」のボートが持つ質感やフォルムなどの「良さ」を消化し、それを今に活かすとさらによりよいものが生まれるであろうと思う。その点に関しては今後期待したい。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   サイトウマコト   福田 哲夫  

ページトップへ