GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|ロングライフデザイン賞

受賞対象名
生化学自動分析装置 [モジュールアッセンブリ方式日立自動分析装置7700シリーズ]
事業主体名
株式会社日立ハイテクノロジーズ
分類
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞
受賞企業
株式会社日立ハイテクノロジーズ (東京都)
受賞番号
09L01022
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

多検体分析 、多項目分析、免疫検査など、分析用途に応じた機器をモジュール化し、それらを組み合わせることで、用途に柔軟に対応できるモジュールアッセンブリ方式による自動分析システム。更に、検査に必要な様々な前処理工程もモジュール化し、前処理と血液生化学検査、免疫検査など、豊富なラインアップをモジュールでそろえ、小規模の検査室から大規模検査センターまで、多様なニーズに応えることができる。

プロデューサー

株式会社日立ハイテクノロジーズ

ディレクター

株式会社日立製作所 デザイン本部 片山 淳詞

デザイナー

Hitachi Europe Ltd. ペーター ホーマン+株式会社日立製作所 基礎研究所 栗山 裕之

詳細情報

http://www.hitachi-hitec.com/science/medical/7700series.html

発売
1996年10月1日
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

臨床検査室およびセンター

受賞対象の詳細

デザイナーのコメント

多様なニーズへの対応力、安定した高精度分析の実現、メンテナンス性といった、長く使っていただける商品開発のため、設計開発部門と一丸となって、モジュール思想を貫いたデザインを実現した。利用者視点の発想から、モジュール寸法を規定し、設計思想を統一することで、発売以来10年以上にわたるロングライフを達成しつづけている。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

臨床検査技師(比較的女性が多く、正確で迅速な分析を求められる。)が対象。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・多様なニーズへの対応 ・自動搬送と自律分散制御の搬送システム ・拡張性とフレキシブルレイアウト ・高精度で迅速な分析処理 ・メンテナンス性 ・情報提供サービス

審査委員の評価

検査内容や設置される環境によって組み合わせのパターンが多岐に及ぶジャンルでありながら、モジュールアッセンブリの発想に基づいた構成が徹底されることで、組み合わせの内容に左右されることなく、設置場所に統一感をもたらすことに成功している。それぞれのモジュールはフロントの基準高さがそれまでより下げられたことで、特に小柄な女性などでも作業がしやすくなった。長期にわたる機能維持と拡張性の確保に加えて、作業環境の改善を図るための先駆性が認められる製品である。

担当審査委員| 内藤 廣   安次富 隆   柴田 文江   深澤 直人   益田 文和   山中 俊治  

ページトップへ