GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
CI/VIプロジェクトによるコミュニケーションデザイン [モノづくりの【PROFESSIONAL】を満足させる【TOOL】を基点とした、PRO TOOL COMPANY TRUSCOのコミュニケーションデザイン]
事業主体名
トラスコ中山株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 広告・宣伝
受賞企業
トラスコ中山株式会社 (大阪府)
受賞番号
09E15003
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

本来、日本のモノづくりは粋でイナセでカッコいい事だったはずです。2003年1月、「日本のモノづくり」を応援する志を込めたCI/VIプロジェクトが発足。経済的・精神的に疲弊した日本の姿、モノづくりが3K的印象で捉えられている現状を、黒×橙のカラーパレットをフラグシップとしたデザイン的取組みで打破し、モノづくり現場の「ワークスタイル」を刺激して本来の魅力を再発見して行く事を目指しました。約2万5千点に及ぶPB商品のパッケージリニューアルは、環境面から廃棄物が出ない様、商品毎に包装在庫を6年かけて精緻に調整しました。また、本件のスピンオフ事案「トータルファクトリーデザイン計画」も始動中です。

プロデューサー

中山 哲也/トラスコ中山株式会社 代表取締役社長

ディレクター

佐藤 慎一/株式会社 電通 関西支社 染谷 忍/トラスコ中山株式会社 コーポレートデザイン課

デザイナー

柴田 朋子/株式会社 アンクル 染谷 忍/トラスコ中山株式会社 コーポレートデザイン課 三好 牧子/トラスコ中山株式会社 プロダクトデザイン課

詳細情報

http://www.trusco.co.jp

利用開始
2003年1月6日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

「日本のモノづくり」に対する3K的イメージを打破する事。そして、モノづくり現場の「ワークスタイル」を刺激して機能的にも情緒的にも活々と働ける環境づくりの一翼を担う事。加えて、工員・職人・技術者・機械工具の専門商社マンなど、「モノづくり」に携わる仕事が「憧れの職業ランキング」で少しでも上位になる事。こうした人達が、家庭で子供から「お父さんと同じ仕事してみたい」って言われる世の中になれば最高。

デザイナーのコメント

お金って、とても大切だと思います。だから、金が金を産む仕組みは否定出来ません。しかし、土地神話の崩壊・突然の金融危機に端を発する不況を吹き飛ばすのは「モノづくり」に他なりません。日本の元気にはモノづくりが必要です。だから、私はモノづくりが好きだし、これに携わる隠れたヒーロー、静かなヒロイン達を尊敬しています。こんな想いが詰まった本事案に、少しでも多くの方が触れて下されば幸いです。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

①モノづくり現場で働く、工員・職人・技術者 ②モノづくり現場で必要とされるものを販売するディーラー ③上記①②の家族 ④「日本のモノづくり」は地味でダサイと、何となく思ってしまっている人達

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

①機能・情緒両面での職場環境改善。「モノづくり」という仕事のイメージ向上 ②「モノづくり」を支えている自覚と自負。価格と機能だけでなく、情緒的にも優れたものがユーザーから支持されるという発想 ③「昼間のパパは良い汗かいてる」ことを知るキッカケ ④本当は、モノづくりってカッコ良くて面白い仕事なんだという発見 →モノづくりの元気が日本の元気に繋がる事への共感が広まればと考えています。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

<社会・文化> 「黒×橙=PROTOOL=TRUSCO」というコミュニケーションデザインを統一的に推進。モノづくりの力強さを象徴的に表すと同時に、黒は苛烈なモノづくり現場で汚れが目立たぬ様に、橙は危険に対する注意喚起を促す色として設定しました。<地球環境> 約2万5千点のPB商品パッケージリニューアルを、商品毎に包装在庫を6年かけて精緻に調整し、既存包装在庫の廃棄をほぼゼロにしました。

その問題点に対し、どのように対応したか

<社会・文化> ①日本の競争優位の源泉である「モノづくり」に対する印象が未だ3K的である事 ②日本のモノづくりには、サッカー日本代表の「サムライブルー」や居酒屋の「赤提灯」、理髪店の「バーバー・ポール」などにあたる単純明快なフラグシップがない事。<地球環境> ③デザイン変更時に出る「旧デザイン」の既存制作物在庫への対応を、企業としてどのように行っていくのか。

ページトップへ