GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
複合機・PC連携ソフトウェアプラットフォーム [App2Me]
事業主体名
株式会社リコー
領域/分類
ネットワーク領域 - デジタルコンテンツ
受賞企業
株式会社リコー (東京都)
受賞番号
09E14004
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

オフィスユーザーを対象に、PCと複合機およびインターネット上のWebサービスを結びつけるソリューションサービス■GoogleガジェットやYahooウィジェットの一つとしてウィジェットをPCにダウンロード登録することで、簡単な操作でのスキャンや印刷を実現■ドライバーなどをインストールしなくても、ネットワーク上の全ての対応複合機から印刷が可能■ネットワークスキャナー機能も、これまでの複雑な接続設定なしに利用可能■翻訳・OCR・データベースなどのインターネット上Webサービスと連携した機能提供が可能■PCにウィジェット追加することにより複合機を買い替えることなく新しい機能が利用可能

プロデューサー

株式会社リコー コントローラ開発本部 石原博史

ディレクター

株式会社リコー 総合経営企画室 総合デザインセンター 星村隆史

デザイナー

株式会社リコー 総合経営企画室 総合デザインセンター 森川 博、久保史子、今井賢司、青木裕子、小野田 篤、鶴岡直人、末石泰次郎

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

これまでの複合機では、お客様ごとに最適な操作性を提供することや、購入後の機能のアップグレードが困難であった。■PC上のウィジェットを複合機が自動的に認識することにより、お客様がいつでも必要な機能だけを簡単に追加できるようにすること。■Webサービスと連携し、複合機単体ではできなかった機能を実現すること。■ウィジェットや複合機の操作画面を少ないステップでシンプルな操作性にすること。

デザイナーのコメント

「多機能で使いこなせない」「よく使う機能だけ簡単に操作したい」などと思っている複合機の利用者に、便利に使ってもらうことを目指した。複合機上の操作画面では操作を徹底的に簡略化し、シンプルで迷わない操作性を実現し、新しい操作環境を提案.した。長く使える複合機を目指して、ウィジェットのデザインは過度な装飾や派手な動きはあえて抑えつつ、操作に対するフィードバックが明確なデザインを心がけた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

■一般的な複合機の利用者で「オフィス内に有る複数の機器の切り替え設定が面倒」「複合機は多機能だが、使いこなせていない」「自分のよく使う機能だけを簡単な操作で使いたい」「外出先でデータを印刷したい」と感じているユーザー■複合機の管理者で「機器をもっと簡単に運用したい」と感じているユーザー■ソフトウエア開発者で「複合機を活用できるソフトウェアをもっと簡単に開発したい」と感じているユーザー

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

■一般的な複合機の利用者:PC上のウィジェットの簡単な操作でネットワークで接続された対応複合機を活用できる。使いたい機能だけをダウンロードして使いこなすことができる■複合機の管理者:スキャン機能での接続設定などが不要になり、利用者も管理者も楽になる■ソフトウエア開発者:開発者向けのソフトウェア開発環境(SDK)を利用することで複合機用のソフトウエア開発が容易になる

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

■最新の機能をWebサイトからダウンロードして使えるので機能が陳腐化せず、一台の複合機を長く使い続けることができ持続可能な社会実現に貢献。■スキャンウィジェットは面倒な設定が不要のため、紙の電子化が推進され、結果的に資源の節約に貢献。

その問題点に対し、どのように対応したか

■複合機は、モデルチェンジして多機能化し、旧機種を陳腐化させるサイクルを繰り返してきたため、最新の機能を使うには最新の機種に買い替えが必要。■操作性の面では、ネットワーク関連の設定操作が難しく、紙の電子化推進の障壁となっている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://www.app2me.jp/

ページトップへ