GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
携帯電話機/モバイルインターネット端末 [T-01A]
事業主体名
株式会社東芝
領域/分類
ネットワーク領域 - デジタルコンテンツ
受賞企業
株式会社東芝 (東京都)
受賞番号
09E14002
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

タッチオペレーションを主体としたインターネットケータイのユーザーインターフェースデザイン。片手でインターネットブラウジング等の様々な操作を快適に行えるようにジェスチャーやフローティングタッチパッド、ストライプを基調としたメニュー等の新UIを搭載。

プロデューサー

株式会社東芝 モバイルコミュニケーション社 商品統括部 部長 辻村 諭

ディレクター

株式会社東芝 デザインセンター グループマネージャー 伊豆 裕一

デザイナー

株式会社東芝 デザインセンター 参事 横内 恭人、布目 忠嗣、松島 秀樹

発売予定
2009年6月19日
価格

50,000円台

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

新ジャンルの情報機器を手にした時の喜びや、操作時の高揚感をユーザーに与える事を目標とし、「振る・傾ける」等のジェスチャーオペレーションや、モーションをふんだんに取り入れたGUIデザインに取り組んだ。

デザイナーのコメント

誰もが簡単にインターネットにアクセスでき、かつブラウジング等の操作が容易なユーザーインターフェースの実現を目指した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

メインターゲットは、いつでもどこでもインターネットを楽しみたいデジタルネイティブ世代。興味はあるが難しそう、使い難そうだと考えているエントリー層をサブターゲットとしている。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

何時でも何処でも、片手で簡単にほとんどのインターネットコンテンツに高速アクセスできる事。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

ユーザーの好みに合わせてアップデート可能なオープンプラットフォームの特性を活かし、ユーザーの使用期間の長期化を促す事を指向した。

その問題点に対し、どのように対応したか

機種の買い替えサイクルの変遷に伴い、環境負荷を低減する意味でも商品を長期に渡って使用してもらえるユーザーにとって価値ある商品の提案が必要と考えた。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

NTT docomo
http://www.nttdocomo.co.jp/

審査委員の評価

インターフェースデザインがとても意欲的で、それが端末全体のデザインの中心として位置づけられているように感じられる。明快なルールに基づいた設計で、使用法の把握も用意であると思う。

担当審査委員| 永井 一史   佐々木 千穂   中村 勇吾   中谷 日出   福冨 忠和  

ページトップへ