GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|ライフスケープデザイン賞

受賞対象名
フォント [イワタUDフォント]
事業主体名
株式会社イワタ
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用ソフトウェア
受賞企業
株式会社イワタ (東京都)
受賞番号
09E12004
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

年齢・性別や障害の有無にかかわらず、全ての人にとって使いやすいデザインというUD(ユニバーサルデザイン)の概念は今日さまざまな分野で取り入れられています。高齢化が進み、視力低下に悩む人が急増する一方、製品の小型化、多機能化、デジタル化が進んでいます。このような環境化において、文字こそUDの視点で作られたものが必要と考え、イワタUDフォントを開発するに至りました。その基本コンセプトは、文字が一目でわかりやすい(視認性)、誤読されにくい(判読性)、シンプルで美しい(デザイン性)、読みやすい(可読性)の4つです。用途は、印刷・出版のみならず、OA機器、携帯電話、公共施設など幅広い用途が期待されます。

プロデューサー

株式会社イワタ

ディレクター

橋本 和夫

デザイナー

橋本 和夫

書体デザイナー 橋本和夫

詳細情報

http://www.iwatafont.co.jp

発売
2006年7月20日
価格

18,900円 (OpenTypeフォント税込定価)

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

株式会社イワタ 営業部 営業課
Email: info@iwatafont.co.jp
URL: http://www.iwatafont.co.jp

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

印刷・出版のみならず、近年増加している液晶画面など非印刷分野での用途も目標としています。自動車、電機、鉄道、薬品、食品、など様々な業界での使用を対象としています。

デザイナーのコメント

イワタでは、ユニバーサルデザインの視点に基づいた「イワタUDフォント」を広く一般にご利用いただき、バリアフリーな社会環境作りに貢献できる事。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

UDフォントを使用、利用するにあたり、「電子・電気製品・OA機器の操作表示、リモコン操作表示 」「交通標識や各種案内表示板・看板」 「役所、病院など公共施設の手続き用紙、案内表示 」「機器類の取扱説明書 」「パソコン、ソフトウェア、 Webの画面 」「携帯電話、カーナビ、地図 」「薬品・食品類の使用・服用説明書 」「金融・保険の約款 」「新聞、雑誌などの印刷用」この様な媒体に利用されています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

文字を小さく表示しなくてはならない部分に使用でき、有効となった。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

文字の「ふところを広く」「画線をシンプルに」「飛び出し(ゲタ)を削除」「濁点、半濁点を大きく」「アキを確保」などにより、読みやすく、間違えにくく、かつシンプルな文字デザインにし、これらの課題に対応した。

その問題点に対し、どのように対応したか

従来フォントでは、視力低下に悩む高齢者、弱視やディスレクシア(読み書き障害)にとって読みづらく、読み間違えやすいケースがあった。また、薬品・食品の表示など限られたスペースに必要事項を記載する場合にも同様のおそれがあった。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社イワタ(イワタストア)
http://www.iwatafont.co.jp

審査委員の評価

視力低下のユーザーに対してだけでなく、小型化していくディバイスに対しても有効なUDフォントを業界に先駆けて着手し、デザインの力によってデジタルインフラへの大きな貢献を果たしている。

担当審査委員| 永井 一史   佐々木 千穂   中村 勇吾   中谷 日出   福冨 忠和  

ページトップへ