GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
モバイル デジタル ビデオ システム [AG-JJLFE20P フロントエンドアプリケーション]
事業主体名
パナソニック株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用ソフトウェア
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
09E12002
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

・パトカー向け映像監視システムのユーザーインタフェースデザイン (小型ビデオカメラとデジタルビデオレコーダーの管理用PCアプリケーション) ①各種センサー(赤色灯、車速変化、ドア開閉等)に連動した「自動録画」および 録画ボタン操作による「手動録画」が可能。②車内外の取調べ状況等を最大5台の小型ビデオカメラで撮影し録画・再生が可能。③記録映像に「Bookmark」や「テキストメモ」をメタ情報として追加記録し、迅速な検索が可能。④管理センターへは、無線LANや公衆回線で映像をストリーミング配信が可能。⑤裁判での証拠映像として管理センター側では、改ざん履歴の確認が可能。

プロデューサー

パナソニック株式会社 AVCネットワークス社 システム事業グループ システムAVビジネスユニット 下水流正雄

ディレクター

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCNシステムグループ 前田昌克

デザイナー

パナソニック株式会社 デザインカンパニー AVCネットワークデザイン分野 AVCNシステムグループ 大橋和也

詳細情報

http://www.panasonic.com/business/toughbook/vehicle-mounted-toughbook-arbitrator-videos.asp

発売予定
2009年10月22日
販売地域

国外市場向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

本システムのユーザーインターフェースが警察のパトカーに普及し、車載カメラによる映像監視や、管理センターとのネットワークが充実する事で、効率的かつ確実なパトロールを支援する。

デザイナーのコメント

警官のパトロール業務という緊迫した状況の中で、安全で確実な操作ができるカメラ映像監視のインターフェイスデザインを実現。パトロール業務の効率化、精度アップにより、安心で安全な社会の実現に貢献する。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

・パトカーに搭乗する警察官を想定した。・運転中にカメラ映像を素早く確認し、確実に操作する必要がある。(車速確認、録画状況確認、メタデータ付加等)

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・複数のカメラ映像監視により、パトロールの精度・効率を向上。事件・事故発生時には記録映像が早期解決に大きく貢献する。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

・暗闇に潜む犯人を追跡する夜間のパトカー内で、「夜画面モード」への切り替えにより、映像を含めた画面全体の輝度を落とし、光漏れを最小限に抑える事で、車外からの銃撃に備える画面デザインを実現した。

その問題点に対し、どのように対応したか

・身の危険にさらされている警察官の安全への配慮。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

http://www.panasonic.com/business/toughbook/vehicle-mounted-toughbook-arbitrator.asp

ページトップへ