GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
シート フィード スキャナー [オフィリオスキャナ ES-D400]
事業主体名
セイコーエプソン株式会社 情報画像事業本部
領域/分類
ネットワーク領域 - 業務用・公共用コンピュータ、および周辺機器
受賞企業
セイコーエプソン株式会社 (長野県)
受賞番号
09E10012
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ES-D400はコンパクトなサイズにデュアルCCDを搭載。40枚/分の高速読み取りに加え、両面同時読み取りにより80面/分の取り込みが可能。また45万回スキャンという高い耐久性も実現。また、A3サイズやB4サイズの原稿も半分に折り、本体に同梱しているキャリアシートに差し込むことでA3/B4原稿として結合して読み取ることが可能です。高速・高耐久性能により、オフィスにおける大量データの取り込みを希望されるお客様に最適なスキャナです。

プロデューサー

SINGAPORE EPSON INDUSTRIAL PTE. LTD./ I&I R&D DIVISION

ディレクター

セイコーエプソン株式会社 機器デザインセンター 増島郁夫

デザイナー

セイコーエプソン株式会社 機器デザインセンター 石澤彰一

詳細情報

http://www.epson.jp/products/offirio/scanner/esd400/

発売
2008年12月1日
価格

128,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

一般オフィス カウンター業務など

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

企業の一般オフィスや、さまざまな業種・業態では、「e-文書法」、「日本版SOX法」等の法令整備に伴いワークフローの再構築を迫られており、大量な紙文書の電子化需要が高まっています。ES-D400はそれらのニーズに応えるコンパクトで高速なドキュメントスキャナーです。

デザイナーのコメント

コンセプトを「コンパクト」「スピード」「使いやすさ」とし、日々の単純な業務を少しでも改善し、文書のスキャニングが「楽しい行為」になるような製品にしたいと考えた。使用時はより使いやすく、未使用時はコンパクトでスマートになり、OnとOffを分けることで使う喜びが湧くものと考えている。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

「e-文書法」「日本版SOX法」等の法令整備によって、大量な紙文書の電子化を必要とするビジネスユーザー。スペースの限られるオフィスにおいて、手軽でコンパクトであることも求められています。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

両面80面/分の高速読取可能。また45万回スキャンという高耐久性実現。A3からカード、名刺サイズに対応。A3,B4原稿も半分に折り、キャリアシートに差し込むことで読取可能。フットプリントの低減と凹凸の無いコンパクトデザインによる設置性の高さ。用紙トレイを兼ねたカバーを開けることで電源も入り即座にスキャン可能。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

ES-D400はドキュメントスキャンに特化することにより、より高速で確実な文書の電子化を実現できます。また、コンパクトで直感的な操作を実現しているため、さまざまな業務や設置環境での使用を可能としています。

その問題点に対し、どのように対応したか

電子文書を法的に認めた「e-文書法」や、上場企業に内部統制報告書の提出を義務付ける「日本版SOX法」の制定など、紙文書の電子化が求められると共に、環境問題対応への紙資源の使用削減、また電子化による書類保管スペースの削減や、運搬、輸送コスト削減などが求められています。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

エプソンダイレクト株式会社
http://shop.epson.jp/

審査委員の評価

不必要なものを排した清廉さはコンパクトに繋がり、優しさを与える造形も好印象。けっして良いとは言い難いプロポーションをうまくまとめた感あり。

担当審査委員| 戸島 國雄   戸谷 毅史   山崎 和彦   渡辺 弘明  

ページトップへ