GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
刺しゅうデータ作成ウェブアプリケーション [刺しゅうクリエイター]
事業主体名
ブラザー工業株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 個人用ソフトウェア
受賞企業
ブラザー工業株式会社 (愛知県)
受賞番号
09E04004
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ウェブブラウザ上で動作する、刺しゅうデータ作成アプリケーション。あらかじめ様々な刺しゅうデータが用意されており、さらにイラストなどをスキャンした画像データからも刺しゅうデータを生成する事が可能で、簡単なステップで文字を組み合わせたオリジナルの刺しゅうデータを編集、作成することができる。完成した刺しゅうデータはダウンロードが可能で、自社ミシンで縫製してオリジナルの刺しゅうを楽しむことができる。またSNSサービスと連携し、他の人と刺しゅうデータを交換したり、既存の刺しゅうデータを購入することもできる。

プロデューサー

ブラザー工業株式会社 パーソナル・アンド・ホーム カンパニー 開発部 チーム・マネジャー 水野 雅裕

ディレクター

ブラザー工業株式会社 総合デザイン部 デザイングループ チームマネジャー 永田司

デザイナー

ブラザー工業株式会社 総合デザイン部 デザイングループ 細居義人、長谷川愛子

永田、長谷川、細居

詳細情報

https://sewco-world.brother.co.jp/embcreator

利用開始
2008年12月22日
価格

300 ~ 1,000円 (刺しゅうデータダウンロード時のみ有料)

販売地域

日本国内向け

問い合せ先

ブラザー販売株式会社 ブラザーコールセンター
URL: http://www.brother.co.jp/

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

刺しゅうに興味を持っている一般家庭ユーザーにも気軽に刺しゅうの世界を体験できる場を提供し、また実際に刺しゅうミシンを使っているユーザーにもネットワーク上にある刺しゅうコンテンツを使い気軽に刺しゅうデータを作成する事が可能で、さらにSNSサービスと連携する事で他のユーザーと刺しゅうコンテンツを共有するという新たな価値創造を目指した。

デザイナーのコメント

刺しゅうの世界をもっと気軽に体験してもらえる様に機能を絞り込み、なるべく操作を簡略化し、複雑にしない事を最大目標にしてユーザーインタフェイスをデザインした。また画面操作の不慣れな初心者パソコンユーザーや初心者刺しゅうユーザーには操作方法を動画で見ることができる「体験ムービー」を用意し、画面操作への不安感を無くす事が出来るように配慮した。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

・刺しゅうに興味を持っている一般家庭ユーザー。・刺しゅうミシンを所有しており、オリジナルの刺しゅうデータをもっと簡単に作成したい一般家庭ユーザー。・オリジナルの刺しゅうデータを作成したいが、高価なPCアプリケーションを購入に踏み切れないでいる一般家庭ユーザー。・ネット上にある刺しゅうデータをユーザー同士で共有し、いつでも気軽に刺しゅうデータを入手し・編集したい一般家庭ユーザー。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

面倒なアプリケーションのインストール作業が無く、ウェブサイトにアクセスするだけで利用できる為気軽に刺しゅうデータの作成を体験する事が可能。あらかじめ多数の刺しゅうデータが用意され、さらに文字入力・編集も行える為、刺しゅうデータをゼロから作る手間が無く、簡単に名前の入ったオリジナル刺しゅうが作成できる。SNSサービスと連携することで、オリジナル刺しゅうデータを他のユーザーと共有する事も可能。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

誰でも気軽に刺しゅうの世界を体験出来るように画面操作を減らし、3?4ステップで刺しゅうのデータ作成が体験出来るようユーザーインタフェイスを工夫した。さらに刺しゅうの世界をもっと楽しんでもらえる様に、他のユーザーと刺しゅうデータや様々な情報を交換できる手芸に特化したSNSを、刺しゅうミシンを市場に提供している自社で運営しこの刺しゅうクリエイターと連携する事で「刺しゅう」の世界を広げる活動を行った。

その問題点に対し、どのように対応したか

刺しゅうは古から続く一つの文化であり「オリジナルの刺しゅうを作成してみたい」と興味をもつユーザーは多いが、「難しそう」と諦めてしまうケースがある。また刺しゅうミシンユーザーも「もっと気軽に刺しゅうデータを作成したい」というニーズが多くあった。また昨今女性ユーザーの間ではSNSやブログを使った刺しゅう情報の共有が盛んで、PCスキルの高いユーザー同士では刺しゅうデータの交換も行われている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Sew Co. World 「刺しゅうクリエイター」ウェブサイト
https://sewco-world.brother.co.jp/embcreator/

ページトップへ