GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
メモリカードリーダライタ [縦に挿せるメモリカードリーダライタ]
事業主体名
エレコム株式会社
領域/分類
ネットワーク領域 - 個人向けパソコン、および周辺機器
受賞企業
エレコム株式会社 (大阪府)
受賞番号
09E02003
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

従来のメモリカードリーダとは違い、カードスロットが本体上部にあり、メモリカードを本体の上から縦に挿せるため、カードを片手で簡単に抜き差しできます。多くの携帯電話に採用されているmicroSD・microSDHCカードなどの小型メディアもアダプタなしでそのまま挿し込み可能です。SDHCメモリーカードやPRO HIGH SPEED SDメモリーカードなど高速版のメディアに対応していますので、大容量のデータも素早く移動、コピーすることができます。

プロデューサー

エレコム株式会社 商品開発部 開発2課 HSDケーブルチーム 山元 一作

ディレクター

エレコム株式会社 商品開発部 開発1課 島村 晃

デザイナー

エレコム株式会社 商品開発部 開発1課 島村 晃

詳細情報

http://www2.elecom.co.jp/data-media/memory-rw/mr-c14/

発売
2009年5月21日
価格

1,480 ~ 1,680円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

従来のメモリカードリーダでは片手で押さえ、片手で挿さなければならない煩わしさの解消。また挿入の際スロットを覗きこまなければならなかったことの解消。机の上に置く商品のため、見た目にこだわった。

デザイナーのコメント

手で真上から挿せることを見た目にわかりやすく表現し、メモリカードリーダらしさを失わないようにデザインした。また長く使用してもらいたいと思い、可能な限りシンプルで嫌味の無いデザインに仕上げた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

デジタルカメラで撮った写真データや動画データなどをパソコンにデータを取り込みたい人。頻繁に使用する人でデスク上にメモリカードリーダを置いている人。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

従来のメモリカードリーダでは片手で押さえ、片手で挿さなければならなかったが、真上から挿す事で片手で挿すことが可能になりました。また挿入の際スロットを覗きこまなければならなかったのに対し、上面にスロットがあるので覗きこむ必要がありません。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

長く使っていただけるように、可能な限りシンプルで飽きのこないデザインに仕上げた。またパーツの構成を上下の2パーツで構成することで、無駄なパーツを減らした。

その問題点に対し、どのように対応したか

パソコン周辺機器市場は技術進化が早く、商品のライフサイクルが短い。使い捨てになりがちなパソコン周辺機器市場において、可能な限り技術依存だけではなく、長く使用したいと思わせるデザインによって商品のライフサイクルを伸ばす必要がある。また装飾による無駄なパーツを削除することで、部品及び単価の削減する必要がある。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

エレコムダイレクトショップ又は家電量販店
https://shop.elecom.co.jp/store/top.aspx

審査委員の評価

対応する全てのメディアを、本体上部のスロットで抜き挿しできるように考えられており、机上での使用に配慮した製品である点を評価した。机上に置かれる姿も、新しいステーショナリーとして、シンプルで好ましいデザインがなされている。

担当審査委員| 戸島 國雄   戸谷 毅史   山崎 和彦   渡辺 弘明  

ページトップへ