GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
看板用LEDユニット [Panasonic EVERLEDS ダブル配光型LEDユニット及び設計システム]
事業主体名
パナソニック電工株式会社
領域/分類
社会領域 - 公共機器設備
受賞企業
パナソニック電工株式会社 (大阪府)
受賞番号
09D04011
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

この商品は、最小限の粒数で美しい文字看板を実現するダブル配光LEDユニット、及び 最適配置プログラムから構成される。最適配置プログラムに基き、ダブル配光型LEDユニットを配置することにより、少ない粒数で鮮明な面表現が可能。「美しさ」と「高い省エネ性」を両立した。夜間の点灯時のみならず、日中の非点灯時も「美しさ」を保つよう、レンズ着色技術も駆使している。また最適配置プログラムが取り付け位置を計算するため、特別な技術を必要とせずにLEDの配置設計ができる。更に施工性を高めるため、工具なしでLEDを取り付けられる「1つ穴取り付け構造」を採用し、設計面にも施工面にも配慮した。

プロデューサー

パナソニック電工株式会社 新事業推進部 上杉修/ナショップ・調光システム事業部 山田純

ディレクター

パナソニック電工株式会社 特需営業本部 新倉利昌

デザイナー

パナソニック電工株式会社 照明ものづくり・調達革新センター 北口豊/中央照明エンジニアリング綜合部 斎藤孝/開発営業部 石橋正宏

発売予定
2009年10月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

・ダブル配光レンズの設計と最適配置プログラムによる大幅な省エネ ・完成状態を確認・検証ができるシミュレーション技術の確立とマニュアル化 ・設計・施工等のコストダウンのための技術の取り込み (「最適配置プログラムを活用した設計時間の短縮」「1つ穴取付バネ構造による施工性改善」等)

デザイナーのコメント

LEDは長寿命で省電力・コンパクトな光源として、これまで照明や演出の分野で活用が展開されてきた。この特長をサインの分野でも生かせれば、簡単でわかりやすく優しい、言い換えれば誰でも扱え、明瞭な表現で、環境配慮型の新しいコミュニケーションツールが提案できると考えた。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

環境保全を事業活動において積極的に推進する環境先進企業

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

・ダブル配光型LEDユニットによる消費電力の削減 ・前面パネルを必要としない露出型設計による省資源化 ・最適配置プログラムによる合理的な配列により、文字際まで美しい点灯状態を実現

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

・「ダブル配光レンズ」の設計と合理的な配置プログラムで、少ない粒数のLEDでも面的表現を可能にし、省エネ性を高めた。・「ダブル配光レンズ」と「電源ユニットの電子化」により露出型設計が可能。前面パネルや保護部材などを省略することができ、省材化を実現した。・水銀などの有害物質を含まないLEDを使用することで 廃棄時の環境負荷を最小限に抑えた

その問題点に対し、どのように対応したか

・ダブル配光型LEDユニットによる消費電力の削減 ・省資源化など環境負荷軽減

どこで購入できるか、
どこで見られるか

パナソニック電工汐留ビル、東京ドームシテイー「ミーツポート」

審査委員の評価

この看板用LEDユニットは配光LEDユニットと配置プログラムから構成され、最小限の粒数で美しい文字看板を実現している。また配光制御と着色レンズにより昼夜を問わず視認性の高い美しい看板パネルを表現できていることは素晴らしい。さらに、前面パネルを必要としない為、環境に配慮され、これからの新しいコミュニケーションツールとなり、今後、様々なインフォメーションに役立つであろう。

担当審査委員| 和田 達也   大月 ヒロ子   橋田 規子   日高 一樹  

ページトップへ