GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
医療向け電動ベッド [KA-6000シリーズ KA-64130, 63130 ボトム追従柵タイプ KA-64430, 63430 全面柵タイプ]
事業主体名
パラマウントベッド株式会社
領域/分類
社会領域 - 医療関連機器設備
受賞企業
パラマウントベッド株式会社 (東京都)
受賞番号
09D01026
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

病室の療養からICU室のハイケアまで使用可能な医療向けベッド。医療市場では、2006年の医療制度の改訂より、患者が早期に退院出来る環境づくりが主流になりつつある。病室は、温かみや清潔感を感じさせる内装で、患者の療養生活により配慮した環境が増えてきている。ICU室では、患者の容態に合わせ、様々な治療のポジションや、カテーテル、点滴や機器類の設置等の機能的な要求がある。相反する双方の要件をバランスよく両立した療養環境の実現が、より早期退院に適した環境づくりに貢献すると考える。患者の療養環境を第一に考え、そのために必要な機能性を追及し、シンプルで統一感のあるデザインによって解決しようと努めた。

プロデューサー

柳原 健

ディレクター

佐藤 学

デザイナー

岩井 文

右:佐藤 学 左:岩井 文

詳細情報

http://product.paramount.co.jp/shisetsu/list.php/110009

発売
2008年10月16日
価格

918,750 ~ 1,449,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

病院施設(ICU室、病室)

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

患者に対して、病院やベッドの機能性から連想する「冷たさ」や「病への不安」等のマイナスイメージを軽減させた印象と、医療従事者に対して、清潔さを維持でき、安全性に配慮し、安心して使える機能性の双方の要求を両立させる事がデザインの目標であった。例えば、ベッドボードやサイドレールのグリップ形状は握りやすさを追求しただけではなく、カテーテルをテープ止め出来る事や処置に必要な機器類を掛け易いように配慮した。

デザイナーのコメント

患者の療養環境をやさしい雰囲気にする事を第一に考え、病気で落ち込んだ気持ちを少しでも和らげるような雰囲気を目指しました。そのために、患者や医療従事者のベッドの使い勝手から、療養環境との調和や看護作業に必要な機能を追求し、集約や要約による許容範囲の広いデザインを具現化する事により、使用環境との調和が得られるようにデザインしました。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

・手術後、容態が安定するまで安静にしているICU室の患者 ・手術後、患者の看護をするICU室の医療従事者 ・早期退院を目指し、病室で療養している患者 ・患者の早期退院を支援する一般病棟の医療従事者 ・院内感染の予防を推進する専門の医療スタッフや作業スタッフ ・より良い療養環境づくりを推進する病院経営者

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

病院やベッドの機能性からイメージされる「冷たさ」や「病への不安」などマイナスイメージの軽減に努め、患者の状態に合せたベッド機能やベッド周辺の医療機器や、患者の容態観察と転落防止、看護作業の姿勢、患者の離床支援等に配慮したデザイン。患者や医療従事者に早期退院に向けた療養環境と、安全で安心な看護環境の2つの価値の実現を目指した。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

看護上必要になる機能を追及しながら、ICU室でも病室でも違和感なく使用できる外観デザインにすることで、両室で継続した使用が可能になる。ICUベッドから病室のベッドに患者を移乗させる作業負担を軽減させ効率的で手厚い看護が行える環境づくりに貢献すると考える。

その問題点に対し、どのように対応したか

病院では、2006年の医療制度の改訂より、患者の早期退院に注力している。また、背景として医療スタッフ不足の問題もあり、早期退院に向けて、患者とその疾患の管理を初めとする手厚い看護を効率的に行なえる環境づくりが急務となっている。病室では、ベッドからの転落防止や患者管理の効率化の課題がある。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都江東区東砂2丁目14番5号パラマウントベッド株式会社本社ショールーム
http://www.paramount.co.jp/

審査委員の評価

医療向けベットは、さまざまな治療に対応が必要で、多機種になり、形状が複雑になりがちである。機能を整理し、一つの機種でまかなえ、かつシンプルなデザインにまとめているところが評価された。

担当審査委員| 和田 達也   大月 ヒロ子   橋田 規子   日高 一樹  

ページトップへ