GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
1週間に1回服用する骨粗鬆症治療薬剤の飲み忘れを防ぐ為の、薬剤と使用上の注意が一体となったパッケージ [ベネット錠17.5mg ブリスターカード]
事業主体名
武田薬品工業株式会社
領域/分類
社会領域 - 医療関連機器設備
受賞企業
武田薬品工業株式会社 (東京都)
受賞番号
09D01001
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

【背景】ベネット17.5mgは週1回経口投与する医療用骨粗鬆症治療剤である。毎日服用するベネット錠2.5mgに加え、服用回数を減らし、コンプライアンスの向上を目的に追加発売した。しかし、骨粗鬆症罹患患者は高齢者であることに加え、本邦では週1回服用する薬剤は少なく、まだ一般的ではない為、間違えて毎日服用し過量投与になることを防ぐ必要があった。【特徴】1:週1回分の1錠のみ封入し、毎日服薬してしまうというミスを起こさない包装形態をデザインした2:廃棄時分別しやすい設計で環境にも配慮した。3:点字を施しバリアフリーデザインとした

プロデューサー

医薬営業本部 マーケティング部 部長 鈴木 直之

ディレクター

医薬営業本部 マーケティング部 骨・リウマチグループ マネージャー 竹本 覚

デザイナー

CMC研究センター 製剤技術研究所 主任研究員 古谷 寧隆/CMC研究センター 製剤技術研究所 主任研究員 有本 正志

詳細情報

http://www.takeda.co.jp/

発売
2007年6月15日
価格

809円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

週に1回経口投与するという用法の為に、間違えて連日服用してしまい過量投与となるミスを防ぐ必要があった。工夫を加えたカード型包装形態を採用することにより、高齢者にも間違いなく服用いただくことを目指した。

デザイナーのコメント

服薬の手間を減らすことを目的に開発した週1回の服用で済む薬剤が、本邦では受け入れられない可能性があった。従来薬剤に見られる10錠ごとが1シートに包装されたパッケージでは、間違って毎日飲んでしまう恐れがあると指摘されたからだ。その為、1週間分の1錠のみ1シートに封入し、服用方法を直接記載する一体型のパッケージを採用することで服用の間違いをなくす設計にした。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

骨粗鬆症治療を受ける、高齢者を想定した。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

骨粗鬆症などの慢性疾患は毎日服用するよりも、週一回の服用の方が服薬の負担を軽減させると考えた。しかし、週一回の服用は習慣になるまでは服用日を忘れてしまう可能性も指摘されていた。特に骨粗鬆症治療を受ける高齢者には更に考慮しなければならない。それに対してパッケージを工夫することでエラーを防ぎ、間違いなく週一回服用いただくことが実現できている。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

ミシン目を入れることでアフォーダンスを施し、分別廃棄に対応した。

その問題点に対し、どのように対応したか

包装には紙、薬剤を封入する部分にはプラスチックを使用しているため、分別廃棄に対応する必要があった。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

骨粗鬆症の治療をしている医療機関で処方箋に基づき処方される

審査委員の評価

薬の服用は日常化していても服用していたか否か不安になることが多い。まして日にちを空けて服用することとなれば、記憶と実行が困難なことは容易に想像される。この課題に対し薬剤と服用日の記入ができるパッケージを一体化し、誰もが理解しやすいデザインにした点を評価した。

担当審査委員| 和田 達也   大月 ヒロ子   橋田 規子   日高 一樹  

ページトップへ