GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
時間貸レンタルオフィス/テレワークセンター [ビジネスレンタルスペース デスカット]
事業主体名
コクヨオフィスシステム株式会社
領域/分類
仕事領域 - 産業・企業向けサービスシステム
受賞企業
コクヨオフィスシステム株式会社 (東京都)
受賞番号
09C06011
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

DESK@は15分単位でご利用いただける時間貸レンタルオフィスです。ITC進展の中、仕事をする場所はオフィスの中だけでなく街中に広がり「モバイルワーク」「テレワーク」という言葉も一般的なものとなりつつあります。しかし「食事」や「就寝」に適した環境があるように「仕事」にも適した環境があります。私たちは、利便性のよいロケーションにソロワークやグループワークに適したワークスペース、ビジネスサポートサービスをご用意することで、ビジネスパーソンの柔軟で自律的なワークスタイルを支援しています。現在、都内3ヶ所でサービスを展開しています。

プロデューサー

コクヨオフィスシステム株式会社

ディレクター

コクヨオフィスシステム株式会社

デザイナー

コクヨオフィスシステム株式会社

詳細情報

http://www.deskat.net

サービス開始
1998年10月8日
価格

200 ~ 1,850円 (15分当たりの利用料)

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京(大手町・新宿・品川)

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

ビジネスパーソンの柔軟で自律的なワークスタイルの実現。また、無駄な移動の削減により「交通機関のCO2排出」「労働時間」の削減に繋げていきます。これらの効果が社会的に認知され、時間貸レンタルオフィスが社会インフラとなることを目指しています。

デザイナーのコメント

DESK@は1998年にサービスを開始しました。当時はパソコンを持ち歩くモバイルワークもごく一部の先進的な働き方でしたが、現在では当たり前のこととなってきています。私たちが目指したベクトルが間違っていなかったと思う反面、常にこれから10年先の働き方を提案できるサービスでありたいと考えています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

ICTを活用したワークスタイルを実践するビジネスパーソン(企業内ワーカー、個人事業者を含みます。)

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

自社オフィスに捕らわれないフレキシブルなワークスタイルを可能としました。街中でも「仕事」に適した環境が得られることで、効率的に仕事することが可能となります。無駄な移動の削減により「時間のロス」「疲労」の軽減が可能となり、ワークライフバランスの実現が期待できます。企業経営者は、固定費となるオフィスコストの一部を使った分だけ支払う変動コストに置き換えることで、経営資源の弾力的な運用が可能となります。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

モバイルワークは「人の移動自体を削減する」解決策のひとつではないかと考えます。ビジネスパーソンがDESK@のような街中のオフィスを活用することにより、移動に伴う「交通機関のCO2排出量」の削減が期待できます。

その問題点に対し、どのように対応したか

特に都心での交通集中による交通機関のCO2排出に対して、交通手段を環境負荷の少ないものに変更する、移動時間をシフトするなどの策はありますが、「人の移動自体を削減する」ための解決策は少ないのではないのでしょうか?

どこで購入できるか、
どこで見られるか

DESK@東京日本ビル店(大手町)/DESK@新宿西口店(新宿)/DESK@品川港南口店(品川)
http://www.deskat.net

審査委員の評価

-都市型生活者の多くはナレッジワーカー(知識労働者)だといえるが、彼らはオフィスに座って事務をこなすことでは価値を生まない。人々と交わり、ネットワークの中から新たなアイデアや利益関係を生み出していく。彼らが働くのは、自社や顧客のオフィス、自宅、あるいは都市内のカフェやこの「デスカット」のようなモバイルワーク拠点、いわゆる「サード・プレイス」をインターネットで繋いだ「場」である。こうした拠点のサービスのレベルを上げることは大きなデザインにとっての課題だし、また、まだ多くの価値が生まれる余地がある。

担当審査委員| 紺野 登   國澤 好衛   タナカノリユキ   西山 浩平   原島 博  

ページトップへ