GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
建造物解体機 [メインブーム兼用型解体機 ダイナスペック SK135SRDLC]
事業主体名
コベルコ建機株式会社
領域/分類
仕事領域 - 産業・運輸・土木建築関連車両
受賞企業
コベルコ建機株式会社 (東京都)
受賞番号
09C04001
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

この機械は油圧ショベルをベースに「兼用型メインブーム」を備えた新たな作業機である。従来は、用途に応じてベースマシンを変えていたが、この新作業機ではメインブームの先のアタッチメントを組み替えることで、ビル解体、木造家屋解体、一般土木作業などといった、さまざまな現場に導入でき、さまざまな作業を行うことができる。これにより各用途別にそれぞれ専用機を保有する必要がなくなり、1台の稼働率を向上させることができる。

プロデューサー

コベルコ建機株式会社 営業本部 営業促進部長 絹川秀樹

ディレクター

コベルコ建機株式会社 開発生産本部 環境特機開発部 部長 庭田孝一郎

デザイナー

コベルコ建機株式会社 開発生産本部 環境特機開発部 特機開発グループ グループ長 山崎隆典

発売予定
2009年10月1日
価格

3,680万円 (本体および各アタッチメント(超ロング、セパレートブーム、バックホウ)の合計)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

保有機の稼働率向上と購入費用削減が目的である。お客様にとっては用途に応じて、ビルを解体する超ロングアタッチメント仕様機や、木造家屋解体に適したセパレートブーム仕様機など、各種専用機を保有したいものの、高い稼働率が望めない上に購入費用がかさむ。そこで本体を共通化し、アタッチメントを組み替えることによって各種専用機になるような「兼用型メインブーム」により、用途や工程に応じて専用機として使用できる。

デザイナーのコメント

メインブーム兼用型という構造は既に大型機で実現しており、ならばそれを小型機でも、というお客様のご要望は至極当然である。小型機ゆえに構造やコストの制約は厳しいが、解体機のジャンルではトップメーカーであることを自負する我々として、それらの課題を解決し、ご期待に沿えるようなシンプルな構造を実現させた。先の見えぬこの不況下で、お客様により稼いでいただけるような機械をご提供することが我々の務めである。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

主な使用者は建設解体業である。4階建て程度の小規模ビルや木造家屋解体を主に行うような中小の解体業から、高層ビルの屋上にクレーンで機械を吊り上げる「階上解体」を行うような大手解体業まで、企業規模の大小を問わず広く使用されると考えられる。また昨今では自社保有せずにレンタル機を活用するユーザーが多いことから、解体業を対象にレンタル機として運用する事業者も購入対象となる。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

用途や工程に応じた各種専用機を保有する必要がないため、保有機1台の稼働率向上が期待できる。またビル解体を例にとれば、最初は超ロングアタッチメントで高層部を解体し、低層となった時点でセパレートブームアタッチメントに組み替えて作業。そして解体後の残土処理にはバックホウ作業、と、機械本体を入れ替えずにアタッチメントだけを組み替えれば各工程に対応ができるため、工事コストの削減につながる。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

圧力損失の低減を徹底した油圧回路や高効率油圧ポンプの採用によって構築した新油圧システムと、高い燃焼効率でPM(粒子状物質)やNOxの排出を大幅に抑えた最新型エンジンの採用、そしてそれらを制御するメカトロ技術によって、排ガス規制のクリアと燃費低減を実現させた。またオートアイドルストップ機能の標準装備なども実施している。騒音については新構造「iNDr」によって、従来機に比べて大幅な低減を実現している。

その問題点に対し、どのように対応したか

排出ガス3次規制への対応が必須条件として存在する。また環境負荷低減とランニングコスト抑制のために燃費を向上させることや、稼働現場における周辺配慮として騒音を低減させることも重要な課題である。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

コベルコ建機グループの販売会社および指定代理店
http://www.kobelco-kenki.co.jp/ss/sales/sales_window.html

審査委員の評価

建造物解体機で行う複数の作業を細かく分けてシステム化しアタッチメント式にしている構成力をまず評価する。アタッチメントの細かな分け方でかなりの種類の工事がベースマシンを変えずに可能になっているアイディアは経済的側面からも価値のあるデザイン提案である。運転席の視野確保の為に極力シンプルな機構設計が成されている点もよいデザインであると評価する。

担当審査委員| 山村 真一   木村 徹   サイトウマコト   佐藤 卓   松井 龍哉  

ページトップへ