GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2009

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
ミーティングチェア [レクシブ]
事業主体名
株式会社イトーキ
領域/分類
仕事領域 - オフィス関連機器設備
受賞企業
株式会社イトーキ (東京都)
受賞番号
09C02006
受賞概要
2009年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

近年、オフィスコスト削減と同時にフリーアドレスオフィスのような新しい働き方に対し、個の能力を高める為の研修スペースの確保も企業の課題とされている。「ネスタブル」「W1800mmの会議テーブルに3脚収まる」という2つの設計思想によりスペースセービングを実現しながら、ボリューム感のあるデザインと長時間着座でも疲労の少ない優れた座り心地を両立させた。背には透過性を持つエラストマーを採用することでフィット感を向上させるだけでなく、ガラスを多用したような明るい空間にも調和し、不特定多数な人が使用する場のチェアとして汚れの拭き取りなどのメンテナンス性にも配慮することを可能とした。

プロデューサー

株式会社イトーキ マーケティング本部 オフィス商品企画チーム 田中啓介

ディレクター

株式会社イトーキ マーケティング本部 商品戦略部 デザイン戦略室 室長 山本みゆき

デザイナー

ジェフミラー

jeff miller氏

発売
2009年1月1日
価格

48,700 ~ 54,000円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

応募対象が達成しようとした目標

高級感、ボリューム感を持たせたデザインとW1800mmのテーブルに対し3脚収まる実用面との両立。背にエラストマーを使用した透過性とフィット感の実現。不特定な人が使用する為、背にエラストマーを採用することにより汚れを拭き取りやすくし、メンテナンス性を向上させる。

デザイナーのコメント

今回のチェアをデザインするにあたり、他社を含め今までのネスティングチェアはどれも似通ったイメージであるのに対し、座面下から湧き出るようなラインを背、脚へのラインへとつなげてゆくことで、今までのチェアとは異なる構造を持ちながら、ダイナミックなイメージを持たせることに成功したと考えています。

使用者、社会等への取り組み

どのような使用者・利用者を想定したか

ミーティング、会議スペースを使用するオフィスワーカー 上記の場を構成する什器の購買担当者、及び管理者。

その使用者・利用者にどのような価値を実現したか

ユーザーに向けての価値としては、インナーシェルに設けたスリットによる座り心地の最適化と、コンパクトな設計による隣人者との適切な距離の保持を可能としたこと。管理者への価値としては、エラストマを用いることによる汚れの拭き取りの行いやすさなどメンテナンス性に配慮したこと。

社会・文化および地球環境の視点から解決すべき問題点

弊社が持つエラストマ成型技術を採用し、背の本体部分に再生可能なエラストマを使用することにより環境負荷を軽減させることが出来た。

その問題点に対し、どのように対応したか

従来、チェアのクッション材として使用してきたウレタンが抱える「再生不可」という環境負荷に繋がる要因を排除すること。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社イトーキ ショールーム 他
http://www.itoki.jp/

審査委員の評価

「W1800mmの会議テーブルに3脚収まる」というスペースセーブを実現しながら、座り心地の良いしっかりとしたデザインを実現している。座面の後ろ側から見たデザインが美しく、背もたれの素材感と座面、脚部のバランスも優れている。

担当審査委員| 平野 哲行   蓮見 孝   馬場 了   森田 昌嗣  

ページトップへ